合唱団サークルのHPを作りたいけどどうしたらいい? に答えてみます。パート3

合唱団だけではなく、ホームページを作りたいというサークルには参考になるとおもうので、パート3はレンタルサーバについてできるだけ安く、問題なく使えそうな候補を挙げてみました。参考にしてください。

過去記事はこちら:パート1パート2

1.レンタルサーバの中で、おすすめはどこでしょうか。

最近のレンタルサーバについて、価格と機能を調べて候補になりそうなサービスを2つあげてみます。

LOLIPOPレンタルサーバ エコノミープラン

100円/月 = 年額1200円
https://lolipop.jp/pricing/


調べた大手の中では最安です。ホームページビルダーで作成してFTPでアップする利用ならこれで十分でしょう。
初期費用は今のところキャンペーン中で0円です。 独自ドメインは有料ですが、好みの文字列と104種類から選べるロリポップ!のドメインを組み合わせたドメインを、ホームページやメールのアドレスとして1契約につき1つ利用できます。

このプランはWordPress未対応なので、将来的に本格的なブログシステムはつかえません。また、共用SSL非対応なので、ブラウザで開いたときに、「このサイトは安全ではありません」の表示は出ちゃうかもしれません。この制限がないひとつ上位のライトプランは250円/月=年額3000円 です。

コアサーバ CORE-MINIプラン

年払い2381円 初期費用0円
https://www.coreserver.jp/price/


私が利用しているのがコアサーバのこのプランです。レンタルサーバでいろいろやりたい(複数ブログを作ったり、プログラミングしたり)としては格安です。最初に 「http://好きな文字列.決められた文字列.coreserver.jp」のようなちょっと長いURLは配布されます。これを好みのURLにするには別途独自ドメイン費用が年間約1000円~ 必要になります。

2.手続きや開設までの流れなど、どのような形になるのでしょうか?

ネット上の申し込みフォームから必要な項目を入力して申し込みます。その時登録したメールアドレスにFTPのサーバ名やID,パスワードなどが送られてきます。基本的に書類のやり取りなどは発生しません。

3.経費の支払い方法は?

クレジットカード決済が一番簡単ですが、2つの例の場合は下記の方法があるようです。

・ロリポップ:https://lolipop.jp/manual/pay/how/
クレジット決済 コンビニ決済 おさいぽ!決済 銀行振込 ゆうちょ振替

・コアサーバ:https://www.value-domain.com/userguide/pay/
クレジットカード手動決済 WebMoney(ウェブマネー)コンビニ決済 銀行振込・郵便振替

4.ドメインの取得は別の手続きが必要と聞きましたが、どのような手続きがいるのでしょうか?

ドメインとはサイトにアクセスするときに入力する http:///〇 〇 〇 .COM  (いわゆるHPアドレス。URLと呼ぶことが多いです)のような文字列です。レンタルサーバに申し込み時には、その会社によってある程度制限された初期のURLがもらえます。ちょっと長かったりしますが、とりあえずそのままでもよければ、そのURLをお知り合いに通知するなどすればOKです。費用も必要ありません。

いっぽう、もっと個性的で短いURLにしたいという場合は、レンタルサーバでホームページを公開した後で大丈夫なので、ドメイン取得の手続きをします。自由な名前をつけるので有料となります。ふつうは、レンタルサーバと同じ会社がやっている有料のドメイン取得サービスを使うと、設定が自動化されていたりして初心者向けです。

ロリポップの場合はムームードメイン



コアサーバの場合はバリュードメイン


どちらも、どんなドメインが空いているか、申し込む前に検索できるので、試してみるとよいと思います。こんなオリジナルドメインどうかな?と検索しているだけでウキウキします。

余談ですが、1ドメインの維持費は年間1000円程度の場合が多いので、将来的に使いたい、とか、どこかの企業が将来的に使いたいからそのドメインを高く買ってくれるのでは?なんて期待を込めてドメインだけ大量に取得している人たちがいます。例えば、アップルは2011年にicloud.comというドメインをスウェーデンのソフトウェア会社からなんと6億円で買収したそうです。また、マイクロソフトはhotmail.comというアドレスを使うためにHOTMAIL社という会社そのものを買収してしまったようです。

ドメイン取得サービスでは費用はキャンペーンがあったり、.com にするか .jp にするかなどによってピンキリです。相場としては年間1000円~というところです。

独自ドメインを取得できたら、あらかじめレンタルサーバで取得したサーバのアドレスと、新規取得したドメインとを結びつける作業を行います。この部分が、レンタルサーバとドメイン取得サービスが同じ会社だと簡単設定できたりします。

合唱団サークルのHPを作りたいけどどうしたらいい? に答えてみます。パート2

パート1ではホームページ制作会社に依頼する場合の費用など基礎知識をまとめてみました。どこの会社がおすすめかは正直頼んだことがないのでわかりません。実際の制作事例があるところを探していくしかないでしょう。

パート2では、無料、もしくは格安のブログ、ホームページ作成サービスで、自分たちで作成、運営するために候補にあげて良いとおもうものを集めてみました。

関連記事パート1パート3

まずは目的とできることを整理する。

もう一回目的とそれを実現する手段を考えてみましょう。

  • 新メンバー募集(きっちりしたページを作るか?ブログの1記事とするか?プロフィールだけにするか?)
  • 活動報告(ブログ記事として発信するか? ツイッターなどSNSをブログ代わりにつかってしまうか?)
  • 活動カレンダー(Googleカレンダーの貼り付け?)
  • コメントで交流(コメント機能必要?)
  • SNSの活用(ツイッター? FaceBook? インスタグラム?)
  • 写真の掲載(ブログ? 顔出しOK?)
  • 問い合わせフォーム(フォームのシステム? ツイッターで代用? Mailアドレス掲載? 電話番号載せちゃう?)

こんなところでしょうか。

オーダーメイドで制作するなら(もちろん費用とかスキルとかは必要)全部盛り込むこともできますが、このページでは、できるだけ費用を抑えて効果と満足度があり、かつハードルが低い方法を探しています。

整理すると、使えそうなサービスの分類は下記のようになります。

  • ホームページサービス
  • ブログサービス
  • SNS(ソーシャルネットワークサービス)

いずれも無料で使い勝手の良いものが複数あります。これらを選ぶ、もしくは組み合わせるというのはどうでしょう。難易度の低そうな順にまとめてみます。

 

わりきってブログだけ使う(無料ブログサービス)

費用0円

活動報告をどんどん発信して、それを合唱団の公式ホームページとしてしまう方法です。無料のサービスは複数ありますので下記に一般的なものを集めてみました。メリットは無料でとにかく敷居が低いこと。デメリットは固定の宣伝文などがプロフィールページなどに限定されてしまうこと。それから様々な企業広告が自分たちのブログに表示されてしまうこと。ここをどう考えるかです。

あと、ブログを書くことを継続できるのか? 理想はメンバー複数で普段の練習風景をマメに投稿したりコンクールの写真を掲載したりできること。一人で管理するとネタが尽きて放置になりかねません。更新されないブログは合唱団のイメージを上げるどころか「活動してるの?」ともなりかねません。敷居は低いぶん、継続こそ必要な要素です。各パート練習日ごとに投稿当番を決めるくらいのフローをつくったほうが良いかもしれません。

実際にアメブロでコーラスのブログを書かれている例をいくつか見つけました。参考にしてみてはどうでしょう。無料で使えるブログとしては下記のようなサービスが代表的です。

合唱団の公式ツイッター、インスタだけ作る

費用0円

SNSとはソーシャルネットワークサービス。いくつか種類がありますが、短いつぶやきが特徴のTwitter(ツイッター)、主に写真でコミュニケーションするInstagram(インスタグラム)が無難でしょう。

メリットはSNSの最大の特徴であるフォローによるつながりです。興味のある人たちがフォローしてくれることで、発信した記事が興味のある人のもとに届きます。お互いの発言にコメントし合ったりでネットワークが広がります。優れたメンバーが担当してくれれば人気爆発もありえなくはないのです。企業アカウントも色々ありますので参考になります。スマートフォンから気軽に投稿できるのもメリットでしょう。

デメリットは、ブログの場合と同じく、どれだけメッセージを発信できるか鮮度が大切なので発信する力が必要なこと。複数のメンバーでつぶやきをするのも良いでしょう。インスタグラムの場合は写真なので練習のたびに風景を撮るなど有効ですが、プライバシーにも配慮が必要。ツイッターも扱いにはリテラシーが必要です。合唱団の公式ツイッターが偏った発言や批判をして炎上なんてことになっても困ります。目的はファンを作って好きになってもらうことなのですから、そこのところブレてはいけません。

ちなみに、パート1で触れた女声コーラスこぶしではツイッターも活用しています。ただし、内容はブログの更新のお知らせのみ。新着記事が投稿されると、自動で概要とリンクがツイートされるようにしました。こちらからフォローはしていないのですが、日本各地のコーラス関係の人がフォローをしてくださっています。フォローが増えていくのはなかなかうれしいものです。フォロワーのみなさんのツイートは参考になると思いますよ。

 

Facebookページを使う

費用0円

Facebookは有名ですが、Facebookページはあまり知られていないかもしれません。

Facebookは実名でコミュニケーションするお友達をどんどんリンクして日記のように投稿を楽しむサービスです。Facebookが個人の名前で投稿するのに対して、Facebookページというのは企業や趣味のグループなど「団体」が団体の名前で作れるページです。利用するには利用者が各自の名前でFacebookに登録する必要がありますが、管理メンバーとしてこのFacebookページへ投稿は管理者として行われます。

作成は無料で企業なども作成していますのでイメージが解ると思います。Facebookに登録していない人もコメントはできませんがHPを見ることはできます。

個人的にはこの方法がオススメです。趣味興味のつながりを活かせるソーシャルとHPのような体裁を簡単に作れるいいとこ取りをできるように思います。

デメリットは、Facebookの色がつよいこと。写真の差し替えでらしさは出せますが、自由度は低いです。Facebook文化圏であるので、コメントは実名が出てくるあたり、好みが別れるところです。Facebookでは当たり前ではあるものの、実名が出るのでプライバシーに配慮をより配る必要があります。

作成については https://innova-jp.com/3415/ が詳しく解説していましたので参考になります。

 

簡単なHP作成サービスを利用する

0円〜3500円/月

ここまではSNSとブログについて解説しました。これらは情報を常に発信し続けることで注目を集めるサービスです。簡単にいうと日記を公開して見てもらうということ。

ここから紹介するのはいわゆるホームページの作成サービスです。ブログが日記なのに対して、ホームページは雑誌や広告に近い、伝えたいことを掲示するメディアです。常に情報を発信するのは難しい、あるていど決まった告知を見栄え良く掲示しておきたいという場合はホームページ寄りの作り方になります。

昔はhtmlという特殊なタグを覚えたり、ホームページビルダーのようなソフトで設計してアップロードするような作業が必要でしたが、最近はブラウザ上で割と手軽に作成できるサービスが存在します。「その1」で紹介したようなレンタルサーバを借りるという手間が必要ありません。有料になりますが、ドメイン名を取得してオリジナル感あるホームページを作ることもできます。

いくつか調べてみた中で、初心者に優しく、コストが低く、そこそこ見栄えの良さそうなサービスを探してみました。

① ぺらいち

0円〜1980円/月

https://peraichi.com/

名前のとおり、ぺらっと1枚だけのページなら0円で作れます。ここの良いところは用意されたテンプレートからイメージにあったものを選んで、内容を書き換えていくだけ。はじめから構成が作られているのでとにかく簡単に、そこそこいい感じのホームページが作れます。

とりあえずタダなので、試しにつくってみて良いと思います。

 

② グーペ

1000円〜3500円/月

https://goope.jp/

有料のサービスですが、15日間無料のお試しができます。運営しているのはGMOペパボ株式会社。銀行も持ってるようなちゃんとした会社です。まあ、制作自分でやるのでそのへんはあまり関係ないでしょうが。

特徴はおしゃれなテンプレートが豊富なことと、有料だからできる豊富な機能。カレンダーやお知らせ機能、フォトアルバム、問い合わせフォームなどが使えます。合唱団のホームページには不要かもしれませんが、月額+100円でショッピングカートが利用できます。つまり物販でグッズやチケットを販売・・・なんて頑張っちゃいますか?

 

③ JIMDO

0円〜2415円/月

https://jp.jimdo.com/

簡単につくるホームページの分野では割とメジャーなようです。基本的に0円で利用でき、ページ数での縛りをほとんど受けずに作成できます。JIMDO関連の入門書籍なども多く出ているので、やる気次第でかなり充実したものも作れるでしょう。

ちょっとおもしろいのが、自分の作ったホームページをプロに有料で頼んでリメイクしてもらったり、オリジナルのホームページを制作してもらったりすることもできるみたいです。費用は個別相談なので予算に余裕があるなら見積もり取ってみてもいいかもしれません。

 

 

 

合唱団サークルのHPを作りたいけどどうしたらいい? に答えてみます。パート1

母の友人から、プロバイダのホームページサービスが終了して、これまで掲載していたホームページがなくなってしまった、新しくHPを作りたいのだけれど、どなたか知らないか?費用の面はいくらぐらいか? という相談を受けました。製作会社に頼んだ場合、自分たちの手作りで作る場合など、検討の候補となる方法と費用をリストアップしてみました。

HP制作会社に頼むと?。

3万〜50万円コース(ランニングコスト別)

HPに何を要求するのか?ってこと次第。合唱団のHPですから、主な目的は以下のようなものでしょう。

    • 団員の募集
    • コンサートなどのお知らせ
    • 普段の活動報告

HP制作会社の場合、1ページあたりいくらという価格設定をしていることが多いようです。ある程度立派なものを一式作るとなると制作費用は20万〜50万円というのが相場のようです。格安でHP制作を請け負っている会社だと3〜7万くらいという感じでした。製作会社にたのむと、とりあえずは見栄えの良いものが出来上がるでしょう。内容をどれくらい思ったとおりのものにできるかは、制作担当者との打合せの密度次第。企画からなにからおまかせすれば高くなります。原稿や写真などきっちり用意して渡して載せてもらうだけなら安くなるでしょう。

ただし、これはあくまで制作費用で、その後のランニングコストが必要になります。

  1. 運用保守管理費用(数千円〜/月)
  2. レンタルサーバ費用(2000円〜/月)
  3. ドメイン管理料(1000円〜/年)

1番はどの程度管理を任せるかによります。最初の制作だけで見栄えを作ってもらい、あとはブログで自分たちが全て管理するなら安く、トラブル対応や定期的なリニューアルなども任せるなら高くなってくるでしょう。2番、3番は必須です。

 

レンタルサーバとは?

レンタルサーバはホームページを置く場所の確保。本来ホームページは自分の所にあるコンピュータに作り込んで、それを外部から覗きにくるような仕組み。実際自宅サーバを設置している人もいますが、24時間コンピュータを動かして管理するのは現実的ではないので、専門のデータセンタのPCを間借りします。費用は大きさと品質次第。不動産みたいですね。

ちなみにモカ式はコアサーバーというレンタルサーバを利用しています。容量も小さなプランなら月額1000円以下で使えます。一番小さなプランだと198円/月 です。WordPressというブログシステムを試してみよう、レンタルサーバは初めてという人にも手軽なので始めやすいでしょう。

ちなみに、このモカ式にはページの端などに広告がついていますが、これをクリックしてくれる人がいるおかげでささやかながら広告収入を得ています。それで年間のサーバ代金をまかなえています。エコシステムです。


ドメインとは?

ドメインというのはブラウザに入力するアドレスのことです。たとえば、このブログ・モカ式は http://mocabrown.com というドメインを取得しています。年間1382円をバリュードメインというサービスに延長費用として支払っています。ドメインは空いていれば好きな名前をつけられます。いわばHPの顔ですね。

じゃあ、どこがおすすめですか?と言われると、どこをオススメしていいかわからないんですよ。正直なところ「予算100万以上でブランディングしたい」くらの要望であれば製作会社必須です。でも、格安で頼んでお金を払ったものの、これなら自分で作ったものと大差なし、むしろメンテナンスしてくれず、他に乗り換えようにもデータもくれない、なんてトラブルもあります。それでもというなら、いろんな実績を掲載しているところを地道に探すしかありません。

 

ホームページ作れる人に頼む

親戚のお兄ちゃんとか、自分でレンタルサーバを借りているような詳しい人がいたら力になってくれるかもしれません。サーバは空き容量を使えるので、間借りするというのもアリでしょう。製作会社のようなカッコイイものは作れないかもしれませんが。

そういう経緯でもモカ式もいくつかのブログをボランティアでホストしています。

 

無料で自分たちで頑張るには?

ここまではHP制作会社に制作を依頼する場合について、基礎知識を上げてみました。もちろんレンタルサーバを自分たちで借りて、ドメインを取得して制作も自分たちで、というのは可能です。少し前であればホームページビルダーやドリームウェーバー、Bind for WebLife など、ソフトを購入して作成したHTMLベースのホームページを、サーバへアプロードするという方法が主流でした。

レンタルサーバを借りると、WordPressというブログ管理システムを無料で簡単にセッティングできるところもあるので、そちらをつかって自分たちで作成することも可能です。ちなみに、このモカ式はその方法で作っています。

ただし、上記のいずれも、ある程度の知識とスキルが必要。サーバやブログシステムにトラブルが起こって、表示がされない場合も自分で対応が必要となります。

今回のテーマは合唱団のホームページですので、コンピュータの知識がなくても継続できることを主眼においています。

そこで、次のページ・パート2では、無料や格安のサービスで、敷居の低いホームページの運営方法を考えてみます。

 

WordPressのブログを無料SSL化してみた(2)。

CoreServerでWordPressをSSL化するときにつまづいた点を前回の記事で紹介しました。無事にhttps://mocabrown.com/blog でアクセスできて、ブラウザにも「保護されていません」なんて物騒なコメントが表示されなくなりした。ドメインは変わったもののWordPressの内部的にはまだまだ古いURLが残っています。それらを修正していきましょう。

「設定」-「一般」から修正しよう

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレスは↑のようにまだhttpのままです。これをhttps://に修正します。

「S」を一文字追加するだけですね。

こうすることで、サイトのタイトルを押したときや、「次のページ」に進んだ時に、SSL化されたページが表示されるようになります。

 

あちこちの記事に散らばったURLを修正する

一気に検索して差し替えるために便利なWordPressのプラグインがあります。

プラグインの新規追加からSearch Regexを検索して有効化しましょう。

とりあえずは、投稿のなかからURLを検索して入れ替えればよいので、

Sourch (検索する場所は投稿記事):Post content

Search pattern(検索する文字列) : http://mocabrown.com

Replace pattern (置き換えする文字列): https://mocabrown.com

こんな感じにしました。SearchPatternとReplacePatternは皆さんのブログのURLに置き換えてください。

「Search>>」を押すと古いURLが検索されます。続いて「Replace>>」を押します。ここまでではまだ実際には更新されないので安心を。

Resultsの下に変更前と変更後がついになってズラリと表示されています。問題ないURLになっているかをしっかりチェック。そして最後に「Replace & Save>>」をクリック。1000以上のURLが一発で変更されました。

 

 

WordPressのブログを無料SSL化してみた(1)。CoreServerで困った人むけ。

無料で簡単にSSL化できるということだったので、挑戦してみたところ、「無料SSL」にチェックを入れようとしても×印がでて選択できないい!! いきなりつまずいたので、見つけた原因を共有します。

CoreServerとは?

いまはGMOグループが運営しているレンタルサーバです。プランはいろいろありますが、一番リーズナブルなプランであるCore-Miniは年払いすると、ひと月当たり198円と格安で60GBのスペースと10個のSQL_DB、200個のメールアドレスが使えます。しかも無料SSL対応です。もともとXreaのサービスから始まり、結構以前から使っていますが大きなトラブルもなく。いつの間にかサーバがSSD化されたりPHPのバージョンも向上したりと満足しています。

詳しくはこちらで。



なぜいま、SSL化させたいのか?

SSLといってもなじみがないかもしれませんが、ようするにhttps:// というように、Sがついたアドレスのことです。これまでなら、重要情報扱ってないし、暗号化とかにも無頓着でしたが、有名どころブラウザがそろって、httpsではないサイトに警告を出し始めるというから、アクセス数そのものに影響は必至! もうほおっておくわけにはいきません。Googleも検索結果の順位にSSL化を指標の一つとすると発表しています。

こういうのにするには、これまで費用がたくさん掛かりました。むかし、会社のHPにお客様フォームをつけるためにベリサインの認証を受けようとしたら、費用はかかるは、会社に審査の人がきて社長が面接されるは大騒ぎ!

そういう面倒一切なく、無料SSLのチェック一つで使えるのだから、やるべき。

 

やってみたら失敗。その原因を共有します

原因は簡単なことだったんだけれど、なかなかピンポイントの回答はネットにありませんでした。けれど、ヒントは散らばってた。間違ってHP自体見られない期間ができると嫌だったのだけれど、そろそろリミットも迫っているので思い切ってやってみました。結果問題なかったので共有します。

CoreServerの無料SSL化の開設ページにはこうあります。

  • 「ドメイン設定」で設定したドメイン名を選択し、必要項目を入力後、
  • 「無料SSL」を選択。
  • 「サイト設定を新規作成する」ボタンをクリックします。

さっそくやってみます。

CoreServerの「サイト設定」から「サイト設定の変更」ボタンを押します。

マニュアルどおりなら、「無料SSL」にラジオチェックをいれて「サイト設定を変更する」を押すだけ・・・のはずですが、いざチェックを入れようとすると、×マークがでて選択すらできません。ここで半年くらい止まっていました。

ヒントはここにありました。「Main」に設定されたドメインには設定できません。「Sub」に設定してください。 ん? なんのこっちゃ?でも見覚えがある。

 

旧コンパネでMainではなくSubに。MainにはBlankを

CoreServerのコンパネ画面には新バージョンと旧バージョンがあるのですが、旧に切り替えて、「ドメインウェブ」という項目を開くとこんな画面です。

なるほど。Mainのところにblankと入力して、Sub6以上のSSL用ドメインの項目にドメインを入力しておく必要があるようです。それでは、僕の場合はどうなっていたか?

おお!ずばりMainにドメインが入ってます。無料SSLにチェックすら入れさせてもらえなかったのは、これが原因な気がします。そこで、こう変えました。

Mainにblankと入力。Sub6には以前に新規でドメイン設定したときに入力していたので、Sub7にmocabrown.comを入力。モカ式は、mocabrown.com/blog というように一つ下の階層に存在するので、NoDirにチェックを入れました。ここにチェックを入れると、Mainにドメインを入力していた時と同じ扱いになるそうです。ドメイン直下ですぐブログが開くようにしたければ、このチェック入れないとよいと思います。ただし、public.htmlフォルダの下に、ドメイン名でフォルダを作ってWordPressを設定する必要があるみたい。この辺は試行錯誤してみてください。

 

再度チェックマークを入れてみる

さて、気を取り直して、再度無料SSLにチェックを入れてみると、

やった!チェックが入れられました。

5分ほど変更に時間がかかるようなので、時間を置いた後、ブラウザで開いてみます。

これまでは、ChromeでURLを入力すると「保護されていません」と表示されています。なんか物騒なサイトみたいで敬遠してしまいますね。続いてURLの前に https://を追加してみると

「保護された通信」に代わって先頭に鍵マークまで付きました。安心感ありますね!

ここでわかるように、現状httpでもhttpsでも、どちらでもアクセスできる状態です。無料SSLに変更しても両方使える状態なのが分かったことは収穫でした。チャレンジしやすくなったでしょう?

ちなみに、Chromeは一度httpsのサイトにアクセスすると、次からはhttpでアクセスしても自動的にSSL版を表示するようです。上の画像はChromeのシークレットモードを使って通常モードでもアクセスできることを確かめた状態です。

安心するのはまだ早い

とりあえず、鍵付きのサイトに生まれ変わることができました。しかし、まだ安心するのは早いようです。WordPressの記事の中にはたくさんの直打ちされたhttp://mocabrown.comが残っているはずですから、これらを何とかしなくては。

続きは、次の記事へ

消えてしまったサイトを何とか確認したい人のWayback Machineがすごい

インターネットは相互扶助の世界です。誰かが書いてくれた重要な情報が、さまざまにリンクされて成り立っています。けれど、残念ながらリンク切れになっていて、すでにリンク先のサイトが閉鎖されているなんて経験をした人も多いでしょう。

しかし、世界規模で膨大な魚拓を取ってくれているのが、https://archive.org/ の Wayback Machine ウェイバックマシンです。

使い方は簡単。リンク切れになっているURLをペタッと検索窓に張り付けるだけ。

検索すると、カレンダーが表示されます。色がついているところをクリックすると、かつての姿が見られます。

ちなみに、1996年11月20日のYahoo!ジャパンを選んでみると、こんなのが出てきました。

古き良きインターネットがようやく日本でも知られ始めたばかりのヤフーです。当時のトップニュースをさらに開いてみると・・・・。

伊達公子さんが現役で活躍してます。地下鉄サリン事件が1995年です。ちなみにコンピュータ関連のニュースでは、一太郎7がNT4.0対応などがニュースになっていました。

失われてしまったかつて公開されていたファイルなども運がよければ手に入れることができるかもしれません。

 

大容量ファイルを送信できる信頼できそうな方法しってた?

ファイルの預かりや転送サービスはいろいろある。問題はそのサービス信用してよいのか?ということ。
ということで、FirefoxブラウザでおなじみのMozillaがやってる「プライベートな暗号化されたファイル共有」サービス、「Send」というのを見つけたので紹介します。

使い方はいたって簡単。画面の中央に送信したいファイルをドロップするだけ。

ファイルをほおりこむと、ダウンロードができるURLが表示されます。これをコピーしてメールやLINEなどのメッセンジャーで相手へ伝えるだけ。24時間の間だけダウンロードが可能になります。

何回ダウンロードできるかも指定できるので、1回に設定すればダウンロード元は自動的に消滅。ほかの人にダウンロードされる心配がなくなります。

パスワードも設定可能。とてもシンプルでわかりやすい仕組みですが、わかりやすいからこそ、使えそうです。セキュリティにうるさい企業でもFirefoxの知名度と安心感で使用を許してもらえるといいですね。

さきほど取得したURLを開いてみるとこんな感じ。メールで大きなファイルを添付できなかったり、ZIPやExcelファイルにパスワードをつけて送信なんてことをしているケースも多いと思いますが、ファイル受け取り用の一時置き場として割り切ると、あちこちにファイルのコピーができてそのまんまなんてこともなくなりそうです。

https://send.firefox.com/

URLも覚えやすくて良いですね。最大1GBのファイルが送れるようです。

ほのぼの4コマ漫画ブログを集めてみました。

最近よく見かける家庭の一風景を4コマ漫画にしているブログを集めてみました。気がつけば結構な数を自分も読んでました。

中国嫁日記 1-3巻セット [ 井上純一 ]

中国嫁日記 1-3巻セット [ 井上純一 ]
価格:3,078円(税込、送料込)

子育て

いっちょまえ姉妹を育てています(旧姉ちゃんは育児中)

娘二人のママである、あね子さんの育児奮闘記。言葉が増えていく子供たちの日常はアルアルですね。

おじゃったもんせ双子

男女二卵性双子のママの子育て記録。うちも下の子の鼻の下に水いぼができてて・・・。なかなか治らないなど悩みは同じ。

白木さんちってこんなん。

出産期の日常が非常に詳しいです。育児期編に突入中。

天使な小悪魔たち

息子娘と過ごすフクミーさんのドタバタ子育て記。外国人の叔父さんにファーストラブの2歳娘さんとか、超かわいい。

しろくま君とのゆるゆる生活

個人的には、夫目線で、しろくま君ファイト!です。

行け!RINRIN帰宅部!!

4人兄弟の勘違い、衝撃系が多い印象が・・・。なかなか大変だ。

濃いのと薄いのと混ぜたのと。

子供の小さい頃のこと、大きくなるとなかなか思い出せないんだけれど、滑ったり転んだり怪我したり。いろいろあるよね。

双子を授かっちゃいましたヨ

無料で使えるイラストカフェを提供してくれています。かわーい!

ゆむいhPa

イラストレータのゆむいさん。男の子二人兄弟のブログ。背景の書き込みがすごい!

 

国際結婚

何の因果か、漫画オタ外人と結婚してしまった

オーストラリアのシドニーに留学していたブログ主さんが、香港生まれ、オーストラリア育ちの旦那様との結婚生活を綴っています。

中国嫁日記

言わずと知れた有名ブログ。春節のごちそう、豪華ですね。

 

女子・OL

20代ゆるOLのぱっとしない絵日記

WEB制作の仕事に転職したOLさんの日常。就職とか人生とか、いろいろ考えることってあるよねぇ。

まめきちまめこ ニートの日常!

超あたまの中。あるよね。アルアル。

 

夫婦

おもいだす。

結婚までの馴れ初め記のカテゴリは、ちょっとウルウルきます。女子目線の旦那の見え方。勉強になります。

 

カップル

ちちこのこと

父娘のことではなく、貧乳4コマ、毛深い4コマ、下っ腹4コマなど、謎多きブログ。

ゲームオタクなアメリカン彼氏

彼氏の両親もコミケ経験者というつわものイケメンの彼氏との生活。山本かなさんの絵がとても好みです。