ブロードウェイ♩ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

本場ブロードウェイのコーラスラインはもちろん見たことがないけれど、僕が中学生の頃に夢中になったのが、その舞台を映像化した1985年にリチャードアッテンボロー監督、マイケルダグラス出演の映画「コーラスライン」でした。

どちらも見たことがない人には、何のことだかわからなくなりそうだけれど、1975年の舞台コーラスラインは実際のダンサーたちの実話をもとにオーデションに臨む姿を描くミュージカル。1985年の映画コーラスラインはその映画版。そして、ここで紹介する「ブロードウェイ♩ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」が、その作品を見て育った若者たちが再演ミュージカルのオーデションに臨む姿を描いたドキュメンタリー映画です。

そういうわけで、これを見ている人たちはおおよそコーラスラインのファン。ファンのための映画といっていってよいだろうけれど、ダンサーたちの必死な姿に思わずこちらも熱くなる。

レビューでも多くの人が書いているけれど、ゲイのダンサー、ポール役を演じるジェイソン青年のオーディションでの演技に、テレビの前でもらい泣き。

YUKAとして登場したキュートな東洋人の女性。ん?日本人?と思って調べてみたら、沖縄出身の高良結香さんという方でした。背の低さがコンプレックスというコニー役を、ミュージカル初演で、このドキュメンタリーの中ではオーディションの振りを指導する本人の前で演じます。不思議と二人が重なって見えてくるから不思議。オーディションの結果は自分の目でどうぞ。

「ブロードウェイ♩ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」はHULUで見られます。でもぜひ1985年の映画コーラスラインを先に。それが下の映像。ドキドキが止まらないオーディションシーンです。より楽しめると思いますよ。

 

見ておいたほうが良いアニメを5つずつ。その3

天空の城ラピュタ

1986年 映画
今更解説の必要もない、宮崎駿監督の長編アニメ映画。金曜ロードショーで度々テレビ放送されており、そのたびにクライマックスシーンの「バルス」という呪文が唱えられる瞬間、Twitter上でこのワードがネットワークを占拠する。Twitter社では日本のこの現象のためにサーバーを増強して備えているというのは本当の話。スタジオジブリとしては第一号の作品。
男の子が女の子に出会い、そこから冒険が始まるというBoy meets Girlのお手本と言っていい。個人的には少年パズーが、少女シータが閉じ込められた城の塔目掛けて、小型飛行機フラップターで駆けつけ、空中ブランコのように受け止めて救出するシーンが最高に興奮する。あたりは一面火の海。久石譲のドキドキをあおる音楽も緊張感を盛り上げる。
https://youtu.be/ZKnjqfLUEG4

めぞん一刻

1986年〜1988年
うる星やつらと同じ高橋留美子原作。古いアパート一刻館の管理人としてやってきた美しい未亡人音無響子と住人の間で繰り広げられる日常と、その中の一人五代裕作とのラブコメディー。登場人物の名前の一部が部屋番号になっていたり山手線の駅名になっていたりして、そのあたりも面白い。
同じように一刻館では毎夜宴会のどんちゃん騒ぎが繰り広げられる一方、全96話の中で五代くんの生活も浪人生から大学生、キャバレーでのアルバイトから保育園への就職と成長していく。アパートの中の生活風景は毎回登場するので、自分も時計坂の住人になったような気がしてくる。

僕らはみんな河合荘

2014年
宮原るりのコミックが原作。親の転勤でアパート河合荘で暮らすことになる。クセのある住人に翻弄される高校生だが、寮母の親類であり学校の先輩である少女と一緒に暮らせることに魅力を感じて住み始める。
年代は違うし、特別編を含めて全13話なので広がりはそこまでないが、風変わりな隣人、セクシーさをアピールする女性、おっかさん的な存在とちょっととぼけたミステリアスなヒロインなど、前述のめぞん一刻とにたシチュエーションのラブコメディー。
https://youtu.be/mLeZJ6Pt9Mw

タッチ

1985年〜1987年
あだち充の高校野球漫画の金字塔。主人公のうちの一人が突然姿を消すという展開はあまりにも衝撃的な展開に動揺した。ヒロイン朝倉南の声優は日高のり子。双子の兄達也と弟和也に伝えた「南を甲子園へ連れてって!」を軸にした三角関係。
須見工の新田や勢南高校の西村などライバルとの関係も面白い。一方柏葉英二郎など他のあだち作品には登場しないダークな人物の登場も魅力。
https://youtu.be/dsZlS4lTNhs

中二病でも恋がしたい!

2012年〜2014年
学園ラブコメだが、見所は妄想がビジュアルとして表現される迫力の戦闘シーン。剣や魔法、召喚などそういう世界はあまり得意ではないのだけれど、このお話にはついていけた。というか、画像の迫力で強引に引っ張られた。お話はまったく違うけれど、きまぐれオレンジロードのような雰囲気を感じたのは僕だけだろうか。

見ておいたほうが良いアニメを5つずつ その2

日常

https://youtu.be/2QthRu_8ODs
2011年 テレビアニメ
あらゐけいいち原作ギャグ漫画のアニメ。もともと4コマアニメなのでボケとツッコミがひたすら続く。全体的にシュールな感じがとても良い。
「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」など曲が素晴らしい。エンディングも街の風景が平安絵巻のようにスクロールする映像はとても美しい。ギャグに渾身の映像技術をシンプルな動画で詰め込んだ不思議な作品。

ばらかもん

https://youtu.be/zBs3MAa0-fc
2014年 テレビアニメ
書家の大物先生をぶんなぐり、離島へ自分を見つめ直す旅に出た主人公。若手の実力者だが島ではただの字のうまいにいちゃん扱い。何もない。だがそれがいい。子供達にもみくちゃにされながら自分を見つめ直すストーリー。心の声がぐちぐちと続く主人公と、思ったことがそのまま口からでてくる7歳の少女の交流。3年後くらいの続編をみてみたい。原作はヨシノサツキの漫画

氷菓

https://youtu.be/kI19nzqKHqE
2012年 テレビアニメ
「わたし気になります!」は今でも2chなどにヒロインの映像といっしょに登場する。もともと米澤穂信の小説「古典部シリーズ」が原作。毎話映像の美しさが際立ち、もちこまれる小さな謎を「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」がモットーの主人公が解決していく。
主人公の社交的な友人がシャーロックホームズでいうワトソン役となるが、実力を持っているのにそれを使おうとしない主人公への複雑な思いがところどころ垣間見られる。
http://kotenbu.com

サマーウォーズ


2009年 映画
劇中では「OZ(オズ)」と呼ばれるネットワークが社会のインフラになってます。
国民総背番号制なんていってなかなか普及しない住基ネット。それらはセキュリティーや管理する機関への信頼ってのがあって成り立つもの。
サマーウォーズの世界ではその社会的インフラを「OZ」というどうやら多国籍の企業がになっているのが面白い。信頼できるセキュリティーにさまざまなサービスが依存していったという過程も少し紹介されていたけれど、どことなくGoogleっていう企業のことを思い出してしまうのは僕だけではないと思う。以前に書いたブログもどうぞ。

はたらく魔王さま!


2013年
バビル二世をおもいっきり現代にもってくるとこういう感じかな?という印象。人間界の征服をもくろむ魔王サタンが能力を失い、ふたたび力を蓄えるべくハンバーガーショップでアルバイト生活。真面目な仕事ぶりが評価されめきめきと頭角を現し、後輩アルバイト店員に恋心を寄せられ・・・。
人間との生活に順応する魔王に対して、彼を倒すべく派遣された勇者は人々から見るとちょっと変な女の子となってしまう、関係性のズレがクセになる。
原作は和ヶ原聡司の電撃文庫のライトノベル。

見ておいたほうが良いアニメを5つずつ その1

古いのから新しいアニメまで。シリーズをみて失敗したなと思わないものだけ厳選して集めてみました。たくさんリストアップしたので5つずつ、少しずつ公開していきいますので、参考にしていただけるとうれしいです。

コードギアス 反逆のルルーシュ

https://youtu.be/-z8c5ruKIss
2006年〜2007年
神聖ブリタニア帝国。主人公ルルーシュは王子だが、母を虐げた父である帝王に恨みをもつ。ガンダムとベルサイユの薔薇とエバンゲリオンを足して割ったような印象のアニメーション。世界はブリタニアに支配され、エリア11と呼ばれる植民地は日本を暗示しているような設定の大胆さが衝撃的だった。
ロボットアニメではあるけれど、サスペンス的な伏線を解いていく感覚が非常によかったです。
公式サイト:http://www.geass.jp

あの夏で待ってる

https://youtu.be/5O_lZjRh4CE
8ミリカメラをいつも持った少年がある夜宇宙からやってきたヒロインと遭遇し同居することに。少年をおもう同級生の少女との三角関係と夏休みの自主制作映画を通じたストーリー。
最終回は、そういうことだったの?という意味深な学園祭での映像公開というところで終わるが、特別編というのがあるらしい。オープニングの曲がとても爽やか。気まぐれオレンジロードを現代でやるとこういう感じになるのかなと思った。
公式サイト:http://www.ichika-ichika.com

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

https://youtu.be/YC_49o0IJqg
泣けるアニメの代名詞。絵柄に似合わず、1話ごとの雰囲気はとことんトーンが低い。そこに一人明るさをもたらしているのが、死んだはずの幼馴染であるヒロイン。
秩父市を舞台にしたアニメで、現地を訪れる聖地巡礼が非常に盛んになった作品。エンディングテーマである「secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)」の歌詞が心に刺さり、アニメを最後まで見た者ならば、この曲を聴くたびに目頭が熱くなる。

モーレツ宇宙海賊


2010年〜2012年
女子高生であるヒロインが、宇宙海賊である父の死後、海賊キャプテンの修行と学生生活を両立するストーリー。宇宙船同士の戦いはネットワークを通じて相手の船の制御をいかに奪うかという電子戦で決まるという設定や、戦いの中で戦略に才能を発揮していくヒロインの成長物語。
クラブ活動のヨット部の練習船航海は宇宙で行われたり、ある星の皇女を助け部員としてかくまうなど政治的な駆け引きと、そういうことに無頓着だが才能を発揮するあたりが見どころ。ももいろクローバーZのオープニング曲「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」はヒャダインの名曲。

宇宙兄弟


2012年〜2014年
子供の頃に兄弟で宇宙飛行士になる夢を叶える弟。「兄とは常に弟の一歩先をあるいてなくてはならない」が信条の兄が、会社をクビになったあと自らも宇宙飛行士への夢へ向かい、JAXAの宇宙飛行士選抜試験にのぞむ。
試験や訓練そのものがストーリー。受かる者、去る者。それぞれにに生活があり夢があり、人生がある。世の中にはいろんな人がいるが、このお話に登場する人はみな自分の身近な誰かに当てはまりそうだ。

カッターシャツをレンタルで自宅に届けてくれるサービスはどうでしょう?

MIYAKO92_gakenokeiji20140727500

ありそうで無いのが、カッターシャツのレンタルサービス。会員制で自分のサイズを登録しておけば、定期的にカッターシャツを送り届けてくれて、着用したものを回収してくれるサービスがあったらどうかな?と想像を膨らませてみました。

クリーニング店に通う生活・・・

ワイシャツを着て出勤する仕事に転職してから、急に頻繁に利用することになったのがクリーニング店です。さいわい近所にカッターシャツを格安で取り扱っている店があるので、週に一度は持ち込んでいます。

いつも色柄を3着。白やブルーのシャツを3着ほど持っていて、それらをローテーションで着るわけですが、毎日だと多少同じシャツを着るのに飽きてきます。クリーニングに出すのも面倒ですが、ローテーションとはいってもやがて生地はくたびれてきます。

クリーニング業界の方、ぜひ新業態を!

そこで、提案したいのが、会員制のカッターシャツのレンタルサービスです。自分の体のサイズを登録し、白シャツメインか、それともちょっとおしゃれなシャツを送ってもらうかをコース選択。シャツに似合うネクタイの提案なんかもオプションで選べるとおもしろそうです。

登録会員の人数にあわせて、参加者が多いサイズのコースほどお得になるよう料金体系を設定したり、体臭が強い人は自己申告で多く支払ったり。

こういう互助会的なエコシステムを実現できそうなのはなんといってもクリーニング屋さん。最近はメール便など安価に全国へ届けてくれる物流サービスも増えています。価格競争が激化する中で、こういう定期収入が見込めるサービスは魅力的ではないでしょうか?

まずはサイズを限定して小さくはじめることもできそうです。会員数にあわせてシャツの在庫を増やし、軌道にのったら体型のレパートリーを増やすというふうにすれば、スタートしやすいかと。

人の着たシャツに抵抗ある?

メルカリという個人間のフリーマーケット的サービスがあります。テレビCMも一時期大々的にうたれてたので、そこそこ知名度はあるかと思います。そのなかでも結構なボリュームを衣料がしめています。もちろんカッターシャツも出品されています。少し前なら状況も違ったかもしれませんが、不況が常態化した昨今、より実をとるというトレンドはあるような気がしてなりません。

フリマアプリは簡単 メルカリ オークションより安全で無料で出品。ファッション、ブランド、服のショッピングや通販に最適。フリマでお小遣い稼ぎしたい人のためのアプリ App
カテゴリ: カタログ
価格: 無料

インターネットを利用した通信販売は、すっかり当たり前のものになりました。映画や音楽は配信へシフトしてきていますが、こういう現物のサービスはまだ強そうな予感がしています。

以前にテレビで宅配専門のクリーニング会社というのをみたことがありますが、そこから一歩踏み出して新たな業態を、ぜひスタートさせてほしいと思う、今日のアイディアでした。

和服を着る日を街ぐるみで応援すると面白いことになりそう。

先日街を歩いていると、朝から和服姿の女性と5人くらいすれ違ちがいました。これは一日にすれ違う人数としてはかなり多いほうだと思う。和服というのは着るのにも、お手入れもなかなか大変なんだろうけれど、見ているほうも着る方も晴れやかな気分になって、なかなかいいものですね。

今もやっているのかどうか定かではないけれど、以前に京都の太秦映画村で割引というものがあるという記事を何かで見かけたことがあります。大人も子供もで映画村へ出かけると入場料が安くなったり特典がうけられるんですね。行ってみようよと話していたけれど、結局そのままになってました。

江戸時代の町並みを模した映画村が仕掛ける販促活動としてはとっても良いですよね。訪れる人も時代の気分に浸れるし、和服を持っていても普段なかなか着ようって機会はありませんから、いい言い訳になるわけです。言い訳ってのもなんか変ですけれど。
「ねえ、映画村に和服を着て行くと割引になるんだってさ。君が前に着てたのなんて、今の季節にちょうどいいんじゃない?一緒に出かけない?」
とかなんとか言って、デートに誘うにはもってこいの口実です。

和服で町おこしとか。いかがでしょう?

さて、そこで提案。商店街でもショッピングセンターでもカフェでもいいんですけれど、
「どうぞ和服で来てください!」
という日をもうけてみてはどうでしょう?

例えば毎月最初の土・日・月とか。もちろん店員さんもその日は作務衣や割烹着でお出迎え。なんだか楽しそうじゃありません?
日常的に和服を着ている人をのぞけば、普段の生活でなかなかに袖を通すことは無いわけですが、その理由はなんといっても着ていく機会が無いわけです。口実が無い。
「あら、和服なんて着て今日はどうしたの?参観日?」
なんて聞かれたらこっ恥ずかしい。だいいち、最近和服で参観日に来ているお母さんなんて見かけませんよね。

なんて書いていて思い出しましたけれど、どこかの村だったか小さな町で、参観日に来るお母さんたちがみんなで教室の後ろに並んでいる学校のことを、ニュースで見たことがあります。最初はなんとなく誰かが和服を着てて、そのうち徐々に人数が増えて、今ではほぼ全員が和服とか。

そうなってくると同調圧力みたいなものが、少しプレッシャーになりますけれど、まあ大変なら着なければいいのだし。特別な日の装いでもあるし、まあいいのかな。余計なお世話でしたね。

女性のことばかり書いていましたが、男性が和服で出かけるとなると更にハードルが高いわけです。街に和服姿の素敵な女性たちが増えてきたら、少しは着てみようかなって気になるかも。

街コンって言葉を最近になって知りましたが、要するに出会いの機会があったらいいなって話でしょ。それこそ街中の人で溢れてしまうと話しかけづらいですけれど、和服どうしがカフェでたまたま鉢合わせたら、
「どうも。いい帯ですね。」
なんて声もかけられそうなものです。紬と絣とかなんとかとか。和服の知識を日々通勤電車の中で磨きまくって、ここぞと披露すればお近づきになれることは間違いなしでしょう。努力が報われる世の中というのは良いものです。

実は私も一着和服を持ってます。浴衣じゃなくてちゃんとしたやつ。最近では見かけなくなりましたが、昔の地元の商店街に和服の古着を扱っているお店があって、5000円くらいで羽織まで一式そろってしまいました。でも、やっぱり着ていく機会がない。平日の昼間っから着流しで商店街を歩いていたら通報されかねません。西宮市や日本各地で町おこしを担当している方、ぜひ男性が和服を着て歩いてもおかしくないような、ましてや通報されたりしないような素敵な街を増やしてやってください。

※太秦映画村の割引については、残念ながら2012年9月30日で終了してしまったようです。まことに残念。

イヴの時間 劇場版(2010)

イブの時間

家庭用アンドロイドが一般化した社会。人間とロボットがともに暮らし始めた社会の初期段階。

人間の歴史の中にある人種差別。未来にそんな歴史のかけらを感じさせて切なくなるけれど優しい映画。そんなふうに感じました。

Huluで鑑賞。もともと1話15分の短編アニメーションだったみたい。そちらも見てみたい。

Hulu イヴの時間 劇場版: イヴの時間 劇場版 (2010)

公式ホームページ

ウィキペディア

iPhoneアプリもあります。
イヴの時間 act0X App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料

Hulu App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料

「サマーウォーズ」みてきました

毎週火曜はTOHOシネマ会員様1300円の日。というわけで気になってた映画「サマーウォーズ」を見てきました。

主人公はずいぶん大人になった神木 隆之介くんと桜庭ななみちゃんで、ちょっと心配だったのだけれど、ぜんぜん違和感かったです。アニメとしては久々にダディーごのみの内容でした。

・・・ストーリーに関係することも一部書いているので注意してね・・・

“「サマーウォーズ」みてきました” の続きを読む

映画ウォーロード観てきました

観たのは「ウォーロード」。聞いたことないです。昔ファミコンかなにかのゲームに「ウォーロイド」ってのがあったけれど、なんか宇宙もののバンバン打ち合うような内容かしら?と思いながら詳細をのぞいてみてびっくり。中国映画でした。

しかも金城武、ジェットリー、アンディーラウの3人が共演してます。

これって大作じゃん!

ヒ?クチャ 1.jpg

“映画ウォーロード観てきました” の続きを読む