映画ウォーロード観てきました


観たのは「ウォーロード」。聞いたことないです。昔ファミコンかなにかのゲームに「ウォーロイド」ってのがあったけれど、なんか宇宙もののバンバン打ち合うような内容かしら?と思いながら詳細をのぞいてみてびっくり。中国映画でした。

しかも金城武、ジェットリー、アンディーラウの3人が共演してます。

これって大作じゃん!

ヒ?クチャ 1.jpg

映画の告知ホームページはこちら http://www.warlords.jp/

先日14日にTOHO西宮の1000円キャンペーンの日だったので、朝から映画を観てきました。学生の時の後輩に偶然会ったのだけれど、その日です。

ジェットリーって、実はそんなに好きではなかったのだけれど、この映画を観て思いっきりファンになってしまいました。

清の山軍が蘇州を攻め、その後南京を攻略するその戦闘にたった、三義兄弟をテーマに描いています。時代は約150年前。時代的には西太后の頃で後半に少し登場します。
「?个年代,死很容易,活着的更? 」
金城武がナレーションでジェットリー演じるパン将軍の言ってた言葉として何度となく繰り返されるテーマ。出世と仲間との誓いの狭間で動く葛藤みたいなのが、ただのアクション映画じゃないいい味だしてました。映画館を満足して出てこれました。
今は同じく金城武が出演している、三国志の赤壁の戦いを描いた「レッドクリフ2」が上映されていて、こちらも観たけれど、個人的にはこのウォーロードおすすめです。


「ウォーロード/男たちの誓い」ビジュアルブック

【レッドクリフ2公開記念】映画「三国志」 トリプルコラボTシャツ

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください