見ておいたほうが良いアニメを5つずつ その1

古いのから新しいアニメまで。シリーズをみて失敗したなと思わないものだけ厳選して集めてみました。たくさんリストアップしたので5つずつ、少しずつ公開していきいますので、参考にしていただけるとうれしいです。

コードギアス 反逆のルルーシュ


2006年〜2007年
神聖ブリタニア帝国。主人公ルルーシュは王子だが、母を虐げた父である帝王に恨みをもつ。ガンダムとベルサイユの薔薇とエバンゲリオンを足して割ったような印象のアニメーション。世界はブリタニアに支配され、エリア11と呼ばれる植民地は日本を暗示しているような設定の大胆さが衝撃的だった。
ロボットアニメではあるけれど、サスペンス的な伏線を解いていく感覚が非常によかったです。
公式サイト:http://www.geass.jp

あの夏で待ってる


8ミリカメラをいつも持った少年がある夜宇宙からやってきたヒロインと遭遇し同居することに。少年をおもう同級生の少女との三角関係と夏休みの自主制作映画を通じたストーリー。
最終回は、そういうことだったの?という意味深な学園祭での映像公開というところで終わるが、特別編というのがあるらしい。オープニングの曲がとても爽やか。気まぐれオレンジロードを現代でやるとこういう感じになるのかなと思った。
公式サイト:http://www.ichika-ichika.com

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


泣けるアニメの代名詞。絵柄に似合わず、1話ごとの雰囲気はとことんトーンが低い。そこに一人明るさをもたらしているのが、死んだはずの幼馴染であるヒロイン。
秩父市を舞台にしたアニメで、現地を訪れる聖地巡礼が非常に盛んになった作品。エンディングテーマである「secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)」の歌詞が心に刺さり、アニメを最後まで見た者ならば、この曲を聴くたびに目頭が熱くなる。

モーレツ宇宙海賊


2010年〜2012年
女子高生であるヒロインが、宇宙海賊である父の死後、海賊キャプテンの修行と学生生活を両立するストーリー。宇宙船同士の戦いはネットワークを通じて相手の船の制御をいかに奪うかという電子戦で決まるという設定や、戦いの中で戦略に才能を発揮していくヒロインの成長物語。
クラブ活動のヨット部の練習船航海は宇宙で行われたり、ある星の皇女を助け部員としてかくまうなど政治的な駆け引きと、そういうことに無頓着だが才能を発揮するあたりが見どころ。ももいろクローバーZのオープニング曲「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」はヒャダインの名曲。

宇宙兄弟


2012年〜2014年
子供の頃に兄弟で宇宙飛行士になる夢を叶える弟。「兄とは常に弟の一歩先をあるいてなくてはならない」が信条の兄が、会社をクビになったあと自らも宇宙飛行士への夢へ向かい、JAXAの宇宙飛行士選抜試験にのぞむ。
試験や訓練そのものがストーリー。受かる者、去る者。それぞれにに生活があり夢があり、人生がある。世の中にはいろんな人がいるが、このお話に登場する人はみな自分の身近な誰かに当てはまりそうだ。

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください