HDDにたまった大量に重複した写真を比較して、自動で削除対象を抽出してくれるできるアプリ。(MAC)

たくさん撮りためた写真はハードディスクの中にいあるファイルの中でも、特に失いたくないものです。そう思ってバックアップをとったり戻したりしているうちに、何枚も同じ写真が重複してしまう事態に陥ります。iPhoneからPCに移すときにも、重複させてしまっているかもしれませんね。

そんなわけで、マックの写真アプリにたまった写真はなんと3万枚。もはや手動でそれらを探すのは不可能な状態。しかも同じファイル名ならば探しようはありますが、微妙にファイル名やファイルサイズが変わっていたりします。

こういった画像の重複を検出するマックのアプリをいくつか探して試してみたのですが、その中でも高速かつオリジナルや位置情報などが含まれたものだけを残してくれるアプリを見つけたので紹介します。

かなり高速。最初からこれにしておけばよかった。

Duplicate Photos Fixer Pro App
カテゴリ: 写真
価格: ¥120

Duplicate Photos Fixer Pro です。僕が購入したときには120円の有料アプリでしたが、その前の晩に無料でしたが24時間くらい無駄にマックを動かし続けて、結局失敗した苦い経験があると、その程度は出費のうちにも入りません。

実は他のソフトでも試してみたのですが、3万枚の写真を処理しようと思うと一晩待っても処理が終わらず、なんてことが当たり前。結局アプリが固まって、泣く泣く強制終了なんていうこともありました。しかし、このアプリは、今何枚目を処理しているかもはっきり示し、かなりの枚数の写真でも30分ほどで処理を終えてくれました。

他のサイトでも紹介されていましたが、そちらの画像では英語だった部分も、2016年現在は日本語にしっかりと翻訳されていて、特に迷うことなく使うことができました。

イメージしやすい簡単操作

dup1

オートマークで楽チン選択

使い方は簡単で、マックの写真アプリに保存されている写真を整理したい場合には、「しゃしんのライブラリを追加」ボタンを押して、ピクチャーフォルダの中にあるライブラリを選択するだけです。

このように、どの部分をスキャンするかを選べるというのが結構重要。

あとは、下にある青い「重複をスキャン」ボタンを押すだけです。高速に写真の画像が分析されていくのがわかります。約3万枚の写真を処理しましたが、30分ほどで終わったのには驚きました。

dup2

スキャンが終わると、同じ画像が並んで表示されます。右上にある「マッチングレベル」というスライダーを動かすことで、数秒違いで撮った同じ構図の写真も選択するかどうか、レベルを調整することができます。今回は、重複写真だけを削除していきたいので、初期値のレベルを使いました。

もちろん一枚一枚比較して、自分で削除する方の写真を選択していくこともできるのですが、「オートマーク」を使って自動選択していきます。

豊富なオプション選択

dup_automark1

オートマークをする際に、ルールを設定できます。また、優先順も並び変えることができます。こういった細かい設定が嬉しいですね。基本的にはメタデータ(撮影位置情報や、撮影時のシャッタースピードなどの情報)と、画像サイズ、画像寸法あたりを入れておくと、最初に撮影していたオリジナルを残すようにできるので良いと思います。頻繁に露出調整などをMACでやっている人の場合は、キャプチャ日が新しいものを残しておいたほうがいいかもしれませんね。

dup_filter

一旦アルバムとして分けられるので安心

dup_trash

ここまで確認して、オートマークで削除する側の画像にチェックができたら、「ゴミ箱マークされた」を押します。ちょっと翻訳が変ですけれど、ご愛嬌。

ポイントは、このボタンを押すといきなり削除されるのではなくて、「写真(Photos App)」アプリに新しく「重複とマークされた写真」というアルバムが作られるところです。

先ほどマークされた写真が、このアルバムの中に入っています。サイドバーを表示しておくとわかりやすいですが必須ではありません。

dup_trash2

あとは、「重複とマークされた写真」アルバムの中に入っている写真をまとめてゴミ箱に移せば完了です。いきなり削除されるのではなく、削除自体は「写真」アプリに任せているので、ライブラリの整合性が取れるので安心です。

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください