iTunesをやめたのでCDの取り込みにXLD使ってみた。


xld2

音楽ファイルをプライベートクラウドなるPogoplugにまとめることにしたので、いろいろと重たいiTunesを卒業しました。そこで必要となったCD取り込み用のMac用のリッパーに、X Lossless Decoder(通称XLD)をつかってみることにしました。もちろん無料です。

もともとこのアプリは音楽ファイルの形式、フォーマットの変換ソフトのようですが、CD読み込み機能があるのでリッパーとして必要十分な機能をもっています。CDDBの設定ができるので、取り込むCDの曲情報も自動で読み込め、自分で編集も可能です。

利用可能なファイル形式は

LAME MP3エンコーダをすでにインストールしていればもちろんmp3にも変換できます。とくにたいした設定も必要なく、そのまま利用できました。

xld

2006年にリリースされた後も開発は非常に積極的に行われているようです。変換にはiTunesよりもだいぶ時間がかかるようですが、そのぶんじっくりとエンコードしてくれるのだとか。傷がついたCDで、他のリッパーではうまく読み込みが行えなかったときには、一度ためしてみてはいかがでしょう?

これから我が家ではお世話になりそうです。

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください