無料で使える29のiPhone必須アプリを紹介。または安価。

実際に使っていて、便利なものだけを紹介します。なかなか良いアプリに出会えないという方は、一度これらをいれて使ってみてください。一部の優良アプリは、数百円までのものだけに限ってみました。他にもオススメあればコメント欄に寄せてください。

Xochi

Youtubeの音楽コンテンツを有志がリスト化したものを、どんどん聞ける。たとえばAKB48とか宇多田ひかるとか。その他にも90年代ロックなど様々なリストが登録されていて、選択するだけでミュージック・クリップが連続再生される。こんなアプリよいのか?大丈夫か?と思うくらい便利である。記事でもレポートしてます。
Xochi App

カテゴリ: ミュージック

価格: 無料

ウェザーニュース・タッチ

地元や仕事場を登録しておけば1時間毎、3時間毎、週間天気を簡単にチェックできます。まあそれはあたりまえだけど、ゲリラ雷雨や台風、雨雲レーダー、各地のライブカメラなど盛りだくさん。
ウェザーニュース タッチ App

カテゴリ: 天気

価格: 無料

ドコ小包

各社運送会社を選択し、それぞれのお問い合わせ番号を入力して追跡開始をクリックするだけ!荷物がいまドコにあって、どんな状態なのかがチェックできます。それぞれの会社で同じようなアプリを出しているけれど、これ一つで対応できるところが便利です。
ドコ小包 App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

Sumally

素敵なグッズの写真に対して「ほしい!」と「もってる!」を選んで、自分の好きなテイストリストがつくれるアプリ。ここに登場するグッズは自分でも紹介できるのだけれど、不思議と素敵な写真になるから不思議!
ファッション/インテリア/雑貨選びに最適。オークションより安全/簡単なフリマアプリSumally(サマリー) App

カテゴリ: カタログ

価格: 無料

Speedtest

iPhoneの通信速度を確かめるには、手軽でちょうどよいアプリです。WiFiも3Gなどの回線のどちらも対応。リストとして残せて、計測した場所もGPSで記録できるので、「あれ?どこで測ったっけ?」とありがちな悩みも解決できます。
Speedtest.net Mobile Speed Test App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

メルカリ

一時期テレビCMもされていたフリーマーケットアプリ。自分のいらないものを出品。購入してもらって代金で、また自分でも買い物ができる。こういうサービスは売り手、買い手があるていどちゃんといないとダメ。メルカリはその辺りは今のところ大丈夫そう。
フリマアプリは簡単 メルカリ オークションより安全で無料で出品。ファッション、ブランド、服のショッピングや通販に最適。フリマでお小遣い稼ぎしたい人のためのアプリ App

カテゴリ: カタログ

価格: 無料

Calendars5

無料のカレンダーアプリ。iPhone標準のはカレンダーのマス目に内容が表示されないのがなんとも不便。とても見やすくてGoogleカレンダーに対応しているので、家族の予定もまとめて表示できて便利。とくに1週間表示が他のアプリとちがって見やすいのが特徴的。
Calendars by Readdle – Google カレンダー と同期可能なイベント・ToDo マネージャ App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

Sunrise Calendar

iPhone標準カレンダーとレイアウトは近いものの、Foursquareとの連携ができるので、使っている人は自分がどこに行ってたかの記録を追いかけられるのが面白い。天気予報の表示も標準で備えている。カレンダーアプリは相性があるので、テイストをぜひ試してみて!
Sunrise Calendar ? for Google Calendar, Exchange and for iCloud App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

Chrome

言わずと知れたGoogle謹製の高速ブラウザ。PCでもChromeを利用しているなら、お気に入りをお互いに同期できるところは便利。HPの画像ファイルを圧縮してデータ使用量を節約する帯域幅機能は以外に知られていないけれど、ぜひONにしておくことをオススメ。
Chrome – Google のウェブブラウザ App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

Sylfeed

Feedlyとも連携できるRSSリーダー。個人的には一番使用頻度の高いかも。いちど読み込んでしまえば、もちろん地下鉄の中でも記事を読めます。ワンボタンでどんどんめくっていく方式が好きな人にはオススメ。実は多機能なんだけれど、使いきれていません。記事でもレポートしてます。
Sylfeed App

カテゴリ: ニュース

価格: ¥200

Feedly

WEB版RSSリーダーサービスのFeedly公式のiPhoneアプリです。画像がクッキリでいい感じのレイアウトで表示してくれます。でも、個人的にはどんどんめくっていくタイプが好きなので、前述のSylfeedを使ってます。こちらはFeedlyの登録に利用。
Feedly: Blogs, News, Magazine, Youtube and Tumblr Reader App

カテゴリ: ニュース

価格: 無料

Fing

自分が接続しているネットワークの他の機器のIPアドレスをズラリと表示してくれます。あまりにも簡単なので、これ大丈夫か??と疑うくらい。MACアドレスも表示され、機器の名称も編集できるので管理が簡単。でも悪用厳禁。
Fing – Network Scanner App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

TEDiSUB

短い時間での良質なプレゼンテーションTED talks。それらは英語ですが、このアプリでは日本語を含む各国の字幕を表示してくれます。それらは有志によって翻訳されて提供されているものだとか。似たソフトはいろいろありますが、試してみてコレが一番しっくり来ました。
TEDiSUB – Enjoy TED videos with Subtitles! App

カテゴリ: エンターテインメント

価格: ¥200

NAVERまとめリーダー

まとめは一般のライターさんが書いていて、日記によって収入が得られるようですね。中には優良なものも多く、星マークをつけて気になる話題をチェックしています。こういうのが増えてくると、本当に雑誌を読まなくなっちゃいました。
NAVERまとめリーダー App

カテゴリ: ニュース

価格: 無料

10年日記

非常に活発に開発が続けられている日記ソフトです。Googleドライブへ常時バックアップが可能なので、大切な記録が消えてしまう不安がかなり解消されています。このあたりも開発の途中で自動化が追加されたり、今後が楽しみなアプリです。パスワードも掛けられます。
日記帳 – 10年日記 ~ 無料で日記、プライベートの秘密の写真、カレンダー、手帳で、育児や料理やメモ帳を日誌 App

カテゴリ: ライフスタイル

価格: 無料

MT2

2ちゃんねるの人気のあるスレッドを一覧表示。ときどきグッと来る話題が登場するから、ついついチェックしてしまう。2ちゃんねる系のこういうリーダーはいくつか種類があるようだけれど、とりあえず操作が簡単で、スレッド中の画像のサムネイル表示もされる点を評価。
2chまとめサイトビューア – MT2 FREE App

カテゴリ: ニュース

価格: 無料

僕の来た道

GPSを利用して位置情報を常に記録。マップ上に経路を表示するだけでなく、時間帯ごとの地名情報も記録している。たとえば福岡に行ったのはいつだっけ?という時には地名で検索するとその日の行動記録がぱっと出る。iOSのアップデートにより残念ながらバックグラウンドで起動させておかないと記録してくれなくなったが、電池消費の少なさは健在。記事でもレポートしています。
僕の来た道 App

カテゴリ: ライフスタイル

価格: 無料

Yahoo!乗換案内

よく使う駅を記録しておけるのは便利。もともとはYahooの経路検索を利用していたが、このアプリが徐々に安定してきたので、今は常用しています。各駅の時刻表を表示させられるのは便利。次の電車、前の電車に乗った場合は何時につけるかという調べ方が簡単にできる点が評価できる。
Yahoo!乗換案内 無料の時刻表、運行情報、乗り換え検索アプリ App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料

GoogleMaps

iOSのマップアプリもだいぶ安定してきたけれど、店や場所の検索の精度はやはりGoogleのほうが高い。徒歩の場合の到着予想時間に対応している点はiPhone標準のMAPにまさる。車にiPhoneのマウンタと給電できる状態を確保できれば、充分にカーナビとして常用できるレベル。実際、うちのカーナビはデータが古いままなので、iPhoneで利用しています。
Google Maps App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料

Evernote

もう一つの脳みそとして、ごぞんじEvernoteのiPhone版公式アプリ。大胆にインターフェイスがアップデートされるので戸惑うが、いろいろなサービスがEvernoteと連携しているので、とにかく気になったHPなどを放り込んでいる。iPhoneのカメラで書類を撮影する際には文字がクッキリスキャナのように取り込めるモードもあり。名刺などを記録しておくとコレ便利。PCでWEB記事を気軽に取り込む方法や、iPhoneで記事を取得する方法など記事あります。
Evernote App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

Podcast

アップル謹製のポッドキャストアプリ。不安定だったが最近のアップデートで、ダウンロードの管理がだいぶマシになった。個人的には「安住紳一郎の日曜天国」や「久米宏ラジオなんですけど」がオススメ。ダウンロードしておくと地下鉄など電波が届かない場所でも聞けるので通勤の際には便利。
Podcast App

カテゴリ: エンターテインメント

価格: 無料

Network Ping Lite

ちゃんと通信ができているかを確認するためIPアドレスに対してPINGを飛ばすことができるネットワークツール。自宅のWiFiアクセスポイントの電波がどこまで届いているかなんて確認には、iPhoneにこのアプリが入っていると非常に便利。同じネットワークでどのIPが使用されているかを簡単に確認できる機能もあるのが特徴的。
Network Ping Lite App

カテゴリ: ビジネス

価格: 無料

Pocket Lists

iOS標準のToDoアプリと連携している。カテゴリ分けして管理できるところが気に入っている。非常にシンプルで直感的につかえるので、スマホ初心者にもオススメ。ちょっと変わった機能として自然言語登録というのがある。何時にどんな予定というような言い方をすると、自動で登録してくれるらしい。使ったこと無いけど。
タスクリスト – Pocket Lists App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥500

Foursquare

以前は自分が訪れた場所やお店に対してチェックインして、メイヤーという常連さんの称号を得るのが面白かったFoursquareのだけれど、チェックイン機能自体はSwarmというアプリに移行された。現在は自分の志向を登録して、近くにオススメの場所があるかを検索できる食べログ的なアプリとなった。友人もフレンドとして登録されていれば、合流してお茶なんて使い方も可能。
Foursquare App

カテゴリ: 旅行

価格: 無料

Tweetbot 3

じぶんはこの前のバージョン2を使っているが、Twitterのクライアントとしてはいろいろ使ってみた中でオススメできると思う。外国語のツイートを翻訳できる機能もあり。シャキシャキと切り替え時の音が気持ちいい。こういうところって大切。複数のアカウントを切り替えて利用できるので、サブアカウントを持っている人にもよろしい。
Tweetbot 3 for Twitter (iPhone & iPod touch) App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥500

ポメラQRコードリーダー

キングジムが発売しているポメラをご存知かな?とにかく余分な機能をバッサリ切り捨て、文字を入力することだけに特化した、小型マシンである。その一部の機種ではなんとQRコードでテキストを表現するので、取り込むために、このポメラQRコードリーダーを活用する。ディープな世界なのである。
ポメラQRコードリーダー App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

SMARTalk

フュージョン・コミュニケーションズのIP電話サービスのクライアント。国内の携帯、固定電話、はたまた国際電話も30秒8円で通話できる。こういうサービスは他にもあるが、月額料金が無料なので、とりあえず登録しておくのはアリ。050の番号をひとつもらえるので、iPhoneでふたつの番号を使って使い分けるなんてことが可能。一部050への発信は無料なので、会社にはコレでかけている。タダである。
SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする- App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: 無料

楽天でんわ

30秒あたり10円で通話できるので、このアプリを通して電話すると電話台が約半額となる。前述したSMARTalkの場合は050の番号から発信されるので、着信した相手側は「誰かな?」となるかもしれないが、楽天電話は元々の携帯番号が相手にも通知される。仕組み自体は簡単で、0037-68が相手の番号の前に付加されて発信されるという仕組み。ほら、第二電電のあれでと同じ。
楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得- App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

アドレス交換 Lite

アプリは結構古くてアップデートも無いけれど、適当なQRリーダーとしてつかっている。iPhoneでQRコードつかいたかったら、とりあえずコレいれてみ? iPhone内の電話帳の情報を他の携帯の人に伝えるために、QRコードを発行することもできる。
アドレス交換 Lite App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

Mac版64bitのChromeがダウンロードできました。

64bit_mac_chrome

Windowsで始まったというニュースがあったので、Macもあるのかな?と探してみてみつけました。WindowsではDev版とCanary版があると聞いていましたが、私がアクセスした時点ではCanary版のほうにしかMac64bitバージョンは見当たりませんでした。

chrome64bit
ダウンロードできたGoogle Chromeのバージョン情報を確認してみると、38.0.2101.0 canary(64-bit)でした。

このバージョンでは、基本的に問題なかったのですが、タブをたくさんひらいたときに、URLの入寮k欄が隠れてしまって見えないトラブルがありました。開発版ですので、常用にはむきませんが、通常のGoogle Chromeとは別にインストールできるので、試してみてはどうでしょう?

64bitバージョンでは25%の処理能力向上が期待できるのだとか。Chromeはタブを開くたびにメモリをたくさん消費するので、この辺りに効果がでてくれるとよいな、と期待です。
普通に検索するとGoogle以外のサイトからのダウンロードもたくさんでてきますが、URLがGoogleになっていることを確認しましょう。念のため。

ダウンロードは http://www.google.com/intl/en/chrome/browser/canary.html?platform=mac からどうぞ。

 

息子の10歳の誕生日に、マインクラフトをRaspberry Piで動かす解説書をプレゼントしました。

マインクラフトをRaspberryPiに

ただゲームを購入するのもなんなので、自分でコレ読んで自力でインストールできたらやってもいいよ!ってことにしました。

最近デンマーク政府が教育目的で国土を完全再現したというニュースがありました。妻から勉強にもなるみたいだし、このソフトを誕生日に買ってあげたらどうかしら?との提案。数日前から息子は「マインクラフトってなんだ?」とYoutubeの実況動画ですっかり興奮気味。この動画で雰囲気がわかるでしょうか?

ブロックを破壊したり設置したりして、自由に家や街をつくって遊べるところがクリエイティブな感じでよろしいそうですが、うーむ、個人的には面白いのか?コレ?って感じ。アメーバピグのアメリカンな感じといえばよいのかなぁ。PS3やXBOXにも移植され、とにかく全世界的にレジェンドレベルで大人気なんだそうです。価格は26.95ドル。約3000円です。

我が家はテレビゲームは買わない、やりたいなら人のうちに行ってやってこい!で通してきたので、どうにも抵抗があります。

IMG_2530

そんなわけで、以前から我が家で家庭内サーバとして静かに活躍していたRaspberry Pi(ラズベリーパイ)という名刺サイズの手のひらコンピュータを活用。これに自力でインストールできたら使ってよろしいということにしました。10歳になった息子がLinuxのターミナルにコマンドを打ち込み「英語読めないよー」「読めなくていいから、その通り打ち込め!」とポチポチ入力。

さて、ラズベリー・パイとは?名刺大のサイズに、LANポート、USBポート、HDMIポートを備え、SDカードにインストールしたLINUXでちゃんとしたPCとして動くものすごいマシンなのです。そして最大の特徴が、3000円台という価格の安さ!教育用PCとして開発され、ちょっとしたファイルサーバに使うくらいなら充分な性能をもっています。以前にブログで紹介する記事を書いたので、どうぞ参考にしてください。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Raspberry Pi スイッチサイエンス】Raspberry Pi Zero WH
価格:2052円(税込、送料別) (2019/9/3時点)


おめでとう!動きました!マシン性能はそれほど高くないのに、かなり滑らかに3D画面が動きます。JOINモードをつかうと、複数のラズベリーパイで世界を連携できるようです。

IMG_2536

Raspberry Piバージョンのマインクラフトは、実は無料なのです。有料版とちがってモンスターは登場しませんが、基本は同じなのでそれでも楽しそうにやってます。

IMG_2532
IMG_2528

和服を着る日を街ぐるみで応援すると面白いことになりそう。

先日街を歩いていると、朝から和服姿の女性と5人くらいすれ違ちがいました。これは一日にすれ違う人数としてはかなり多いほうだと思う。和服というのは着るのにも、お手入れもなかなか大変なんだろうけれど、見ているほうも着る方も晴れやかな気分になって、なかなかいいものですね。

今もやっているのかどうか定かではないけれど、以前に京都の太秦映画村で割引というものがあるという記事を何かで見かけたことがあります。大人も子供もで映画村へ出かけると入場料が安くなったり特典がうけられるんですね。行ってみようよと話していたけれど、結局そのままになってました。

江戸時代の町並みを模した映画村が仕掛ける販促活動としてはとっても良いですよね。訪れる人も時代の気分に浸れるし、和服を持っていても普段なかなか着ようって機会はありませんから、いい言い訳になるわけです。言い訳ってのもなんか変ですけれど。
「ねえ、映画村に和服を着て行くと割引になるんだってさ。君が前に着てたのなんて、今の季節にちょうどいいんじゃない?一緒に出かけない?」
とかなんとか言って、デートに誘うにはもってこいの口実です。

和服で町おこしとか。いかがでしょう?

さて、そこで提案。商店街でもショッピングセンターでもカフェでもいいんですけれど、
「どうぞ和服で来てください!」
という日をもうけてみてはどうでしょう?

例えば毎月最初の土・日・月とか。もちろん店員さんもその日は作務衣や割烹着でお出迎え。なんだか楽しそうじゃありません?
日常的に和服を着ている人をのぞけば、普段の生活でなかなかに袖を通すことは無いわけですが、その理由はなんといっても着ていく機会が無いわけです。口実が無い。
「あら、和服なんて着て今日はどうしたの?参観日?」
なんて聞かれたらこっ恥ずかしい。だいいち、最近和服で参観日に来ているお母さんなんて見かけませんよね。

なんて書いていて思い出しましたけれど、どこかの村だったか小さな町で、参観日に来るお母さんたちがみんなで教室の後ろに並んでいる学校のことを、ニュースで見たことがあります。最初はなんとなく誰かが和服を着てて、そのうち徐々に人数が増えて、今ではほぼ全員が和服とか。

そうなってくると同調圧力みたいなものが、少しプレッシャーになりますけれど、まあ大変なら着なければいいのだし。特別な日の装いでもあるし、まあいいのかな。余計なお世話でしたね。

女性のことばかり書いていましたが、男性が和服で出かけるとなると更にハードルが高いわけです。街に和服姿の素敵な女性たちが増えてきたら、少しは着てみようかなって気になるかも。

街コンって言葉を最近になって知りましたが、要するに出会いの機会があったらいいなって話でしょ。それこそ街中の人で溢れてしまうと話しかけづらいですけれど、和服どうしがカフェでたまたま鉢合わせたら、
「どうも。いい帯ですね。」
なんて声もかけられそうなものです。紬と絣とかなんとかとか。和服の知識を日々通勤電車の中で磨きまくって、ここぞと披露すればお近づきになれることは間違いなしでしょう。努力が報われる世の中というのは良いものです。

実は私も一着和服を持ってます。浴衣じゃなくてちゃんとしたやつ。最近では見かけなくなりましたが、昔の地元の商店街に和服の古着を扱っているお店があって、5000円くらいで羽織まで一式そろってしまいました。でも、やっぱり着ていく機会がない。平日の昼間っから着流しで商店街を歩いていたら通報されかねません。西宮市や日本各地で町おこしを担当している方、ぜひ男性が和服を着て歩いてもおかしくないような、ましてや通報されたりしないような素敵な街を増やしてやってください。

※太秦映画村の割引については、残念ながら2012年9月30日で終了してしまったようです。まことに残念。

Feedlyに絶賛対応中。

Googleリーダー廃止後、Web上とiPhoneでRSSリーダーとして愛用しているSylfeed(iPhone&iPadのRSSリーダーSylfeedが抜群に使いやすい件)というアプリの読み込み元として、Feedlyをつかいはじめました。

sylfeed

自分でつかっているわりには、その登録ボタンをこのブログ、モカ式に設置していなかったことを思い出しました。

Sylfeed App

カテゴリ: ニュース

価格: ¥200

とりいそぎ、大きなバナーをばこの記事に貼ってみます。
follow us in feedly

公式ページからバナーをつくれます。

feedlyの専用バナーは公式のこちらのページから簡単に作成できます。一つだけコツがあって、BlogのURLを入力する欄がありますが、そちらにはRSSフィードのURLを入力する必要があります。たぶんRSS利用している人ならわかると思いますが、ほら、RSSってボタンをクリックすると出てくるズラズラーっと文字がならんでいるページ。あれですよ。

というわけで、これからもモカ式をご贔屓に。

交通科学博物館-2014年4月6日閉館

IMG_2349

閉館まで1ヶ月を切った大阪環状線弁天町駅にある交通科学博物館へ行ってきました。52年年間の歴史に幕を閉じます。最初にここを訪れたのは自分が小学校1年生の頃。自分にも子供が生まれてからなんどとなく訪れて楽しんだ思い出の場所です。

IMG_2350

普段はそれほど混雑しない当館ですが、最後の別れを惜しんで大勢のお客さんが訪れていました。チケット売り場には長蛇の列。入場料は大人400円、子供100円。

大宮にある鉄道博物館も訪れたことがありますが、楽しめる展示の豊富さではまったく負けていません。閉館のニュースを聞いてからずっと気になっていたのは、これらの歴史的価値がある車両や資料の数々はどうなるのか・・・。売られちゃうのかということ。

IMG_2351

2016年(平成28年)の春に京都梅小路にオープンする「京都鉄道博物館」へ数々の展示物は移動されるそうです。博物館内でこの掲示を見て安心しました!

IMG_2386

IMG_2355

IMG_2356

IMG_2363

IMG_2364

IMG_2365

IMG_2368

IMG_2371

IMG_2373

IMG_2380

公式ホームページ 交通科学博物館

IMG_2381

IMG_2383

IMG_2385

IMG_2393

スーツ代や書籍が必要経費に認められるようになるけれど、あまり期待しないほうが良さそうな節税額。

サラリーマン

最近、サラリーマンに認められる必要経費の分類が増えたというニュースが話題です。わたしは新聞で初めて知りました。会社に証明をもらって確定申告すればOKなのですが、私の読んだ記事には具体的にどれくらい税金が減るのか?書かれていないわけです。そこが一番重要。手間(コスト)と実入りのバランスをチェックしなくては。

さて、ちょこっとググってみただけでたくさん出てきました。追加される内容は

  • 通勤費・新幹線の特急料金は控除の対象。タクシー代や駐車場代はダメ
  • 仕事に役立つ専門学校や語学学校の授業料は対象。今の仕事と関係ないカルチャースクールはダメ
  • 仕事で着るためのスーツ代は対象。Tシャツやジーンズはダメ
  • 仕事で必要な新聞代、雑誌は対象。

これらを控除の対象としてみとめてもらうには、会社に「特定支出に関する証明の依頼書」を出してハンコを押してもらいます。書式のダウンロードは国税庁のホームページからPDFでできます。

じゃあ、いくら節税になるの?それが肝心

実際にどれくらい節税になるのか。このサラリーマンに認められる控除についての話題はあちこちで取り上げられているのに、意外と肝心な「得する額」の試算がされていません。

ちょっと前の記事ですが、税理士さんが試算したメルマガがこちらにありました。(サラリーマンに認められる必要経費)

こちらによれば、年収300万円の人が1年間に必要な図書費、衣服費、交際費の合計60万円を申告した場合、節税額は9千円也。

おっとぉー。9千円かぁ。60万円の支出ということは、月額5万円。まあ非現実的とは言わないけれど、あまり大きな期待をするほどのことでもないかと思う結果でした。

もともと自分みたいなサラリーマンはそれほど税金も払っていないし、社会生活で得る恩恵のほうがずっと大きいので、まあしっかり働きましょうってことで。税金のことを考えるとき、福沢諭吉の学問のすすめの一節を思い出します。第7篇第5段落です。よかったらどうぞ。

iPhone&iPadのRSSリーダーSylfeedが抜群に使いやすい件

sylfeed

よくあるRSSリーダーはリスト表示や多機能はよいけれど、どうも次々流し読みという用途には向いたものがみつからなくて、AeroReader(ライブドアリーダーをiPhoneで読むアプリ)を愛用していましたが、ダークホースが現れてこれが更に上をいく使い勝手だったので紹介します。

Sylfeed App

カテゴリ: ニュース

価格: ¥200

シンプルとは機能を削ることではない。複雑さに秩序を生み出すことだ

機能的には非常にシンプル。スタンドアローンな使い方とWEB上のRSSサービスFleedlyと連携した使い方の両方が可能です。連携するとスピードが心配でしたが至って快適で、せっかく登録したRSS情報のバックアップと、ときにはPCのブラウザ上で続きやお気に入りを再チェックなんてこともできるのが便利です。

sylfeed

上画面のいちばん下に(44)と表示されています。これが残りの未読数。ここをタッチすると次の記事へ。左端の矢印マークにタッチすると記事のホームページ上での画面が表示されます。ただ、これだと読み込みが面倒なので、画面左上の稲妻マークにタッチすると、記事のいわゆる「続きを読む」の先の部分も整形された形で読みやすく表示されます。しかも一瞬で。

前記事にもどるのは同じく数字部分を素早くダブルタッチ、なんだけれど、これが少しだけ反応がよろしくない部分は改良を希望かな?

?共有機能も充実。ブロガーの情報あつめに最適

ほかにも気に入った記事にマークをつけたり、ReedMoreの部分を読むために実際のHP画面を表示するか、整形した形で文章を読むかがワンタッチで選べるのも嬉しいところです。前述のAeroReaerの場合は基本的にブラウザ画面としての表示しかできなかったので、この辺りが乗り換えのポイントになりました。記事内の写真も先読みしてくれるのでストレスがありません。

sylfeed

気に入った記事の共有方法も充実していて、リンクコピー、Safariでの表示、メールへの転送、Twitter、FaceBook、Buffer、Delicious、はてなブックマーク、Evernote、Instapaper、Pocket、Readability、Mobilizerなど勢揃い。

記事ごとにタグを付けて分類することもできるのは面白いですね。まだ試していないけれど、このタグがEvernoteにも反映されるとかだと非常に助かります。

もっと詳しい機能や使い方は公式サイトで紹介されていますので、どうぞ!

 

Sylfeed App

カテゴリ: ニュース

価格: ¥200

三菱東京UFJ銀行を語る怪しいメールが来た!!

三菱東京UFJ銀行を語るハッキングメール

銀行からの確認メールを語ってパスワードを盗み出そうとする手口がMUFG 三菱東京UFJ銀行のトップページでも注意喚起されていますが、来た!ウチにも来ました!これがハッキングというやつか??

件名: 三菱東京UFJ銀行ーー安全確認

こんにちは!

これは三菱東京UFJ銀行によって行っているユーザ番号の調査です。
あなたのユーザ番号は使用停止になっているかどうかをチェックしています。
あなたのユーザ番号は合法的であることが保障できるために、下記のリンクをクリックしてください。
https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001
あなたのユーザ番号の承認が完成された後、三菱東京UFJ銀行よりあなたのユーザ番号をチェックしていただきます。

うぉーー!怪しすぎる!!
しかもこのメールの巧妙なところは、押せといっているURLの見かけは本物のMUFGのアドレスというところ。しかし、実際のリンク先は
リンクアドレスをコピー
あやしー

あやしー。でもWHOISで引いても情報でないんですよね。怖くてリンクも踏めないし。

くれぐれもお気をつけて。

恋するフォーチュンクッキー台湾バージョンが温かい。

恋するフォーチュンクッキー台湾バージョン
企業やあちこちのグループで踊られている映像が公開されているAKB48の恋するフォーチュンクッキー。台湾バージョンの映像がロケットニュース24で紹介されていました。

http://www.youtube.com/watch?v=Vbgpva54Mp4

映像の最後にはメイキング映像も含まれてますよ。

先日わたしも台湾に旅行に行ってきました。大阪→台湾→上海→大阪のルートでマイルを利用して旅行してきたんですけれど、一応関連記事ってことで、こちらもよろしければどうぞ!

 

上海でSNH48のステージを見てきたからレポートするよ!

彼女たちのステージが毎日見られる専用劇場のSNH48星夢劇院へ、交通機関や当日入場券を購入する場合の中国語レクチャー、そしてステージを見てきた様子をレポートします。
SNH48星夢劇院劇場公演
SNH48とはAKB48の姉妹グループとして秋元康プロデュースで2012年に誕生した中国上海のアイドルグループ。同時期にインドネシアのジャカルタでJKT48がスタートするなど一時期ニュースになったのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
上の写真は劇場の正面にあった劇場の常設ステージの案内です。「可以面対面的偶像」と中国語で書いてあるのは、まさしく「会いにいけるアイドル!」日本のAKB48と同じコンセプトです。
今回上海を訪れたのはANAのマイルがたまって、無料航空券が使えたから。台湾で3泊、上海で2泊の旅でした(いろんなポイントをANAマイルに集中変換して年に一回無料航空券を手に入れる手順もろもろ。通称丘マイラーの手引き。) 初参戦の感想や様子をレポートします。

常設ステージの日程

彼女たちのステージは

毎週火曜日〜金曜日 夜の部19:00開演
毎週土曜日と日曜日 昼の部14:00開演、夜の部19:00開演

となっています。
チケットは http://shop.snh48.com から購入できますが、現在のところ中国語での案内で人民元支払いなのでちょっと難易度は高いかもしれません。

劇場の後方半分は80元の一般席、前方が168元のVIP席。そのさらに前にかぶりつき立ち見の站席があります。

人民元は2013.11現在のレートだと、だいたい 人民元 × 20 = 日本円 という感じなので、一般席が1600円くらい。現地の初任給が6万円くらいで日本の約1/3と考えると、感覚的には4800円くらいなのだと思います。

星夢劇院の座席

当日券は買えるのか?

SNH48公演チケット

今回、実際にいってみて当日券があったら見てこよう!という気軽な感じで劇場を訪れてみました。実際に行ったのは日曜日でした。最前列の立ち見席に熱心なファンが多くいることもあって、後方の一般席は結構空いていました。無事チケットを80元で購入。ちなみに「偶像」は中国語でアイドルという意味。「明星」はスター。チケットには「中国大型女子偶像団体」とあるので、意味は察して知るところです。

チケットの右側の緑の部分は切り取って、劇場入り口にある各メンバーの専用投票箱に入れます。私自身日本のAKB48にはあまり詳しくなくて、秋葉原の劇場にもいったことがないので同じような仕組みなのかどうかはわかりませんが、顔写真がついた投票箱がカウンターにずらり。もちろん投票しました。詳しくはあとで書きます。

SNH48星夢劇院

チケットはどこで買うか。

当日チケットは劇場入り口を入って右手のグッズ販売カウンターで購入します。
今回は結構早めについてしまったのだけれど、カウンターにはひとがおらず。お兄さんがいうには「今日は昼公演があるからそれ終わってから。ほれ、そこ。そっちで。今日のチケットあるかって? おーい、まだあるの? あるってさ。後で来なよ。」って感じ。あまり早く着きすぎても困ります。1時間ぐらい前でよいでしょう。

当日チケットはここで買える
当日チケットはここで買える

劇場への交通手段

劇場の住所は上海市虹口区嘉興路267号

中国の住所は道の名前で表しますが、この嘉興路という通りは住宅街の小さな通りなので、タクシーの運転手さんなどでもおそらくわからないと思います。この劇場が工事している時にワイドショーで近所の人に知ってるか?って聞いて知られてなかったほど、それくらい普通の住宅街。

最寄り駅は地下鉄4号線の「海倫路站」です。タクシーでいく場合、嘉興路がわからなければこの「海倫路站」でおろしてもらえばよいでしょう。

3号出口を上ってきたら左に曲がります。

SNH48もより駅

四平路という大通りに出ます。下の写真中央の縦型の信号を目指して進み、最初の路地への道を左折します。

中央の信号の先の道を左折

交差点の左側に見える黄色い看板は薬局(マッサージだったかな?)ですが、ちょうどこの建物がある区画の対角に劇場は位置します。本当にふつうの住宅街の中にあるのでたどり着くまでやや不安になるかもしれません。徒歩で5分ほどです。地図へのリンクはこちら

 

なんて言ったら買えるか。中国語レクチャー

ここにはブロマイドやグッズがうっているのはわかるけれど、チケットに関する案内はありませんでした。そう。聞かないとわからないというわけで、どういう風に聞いたらよいか、レクチャーしましょう。

SNH48の当日券を買うときの中国語

*最初にアップした中国語は一部まちがいと文字化けがあったので、書きなおして画像にしました。保存してスマホにいれていくと良いかもね。あなたのお役にたちたいわん。

SNH48星夢劇院

初めてSNH48を見た感想

はじめてこういう感じのアイドルのステージを見ましたが、正直圧倒されました。会場のファンの熱気がすごい!両手に持ったライトを振りかざし、曲に会わせての合いの手!曲の合間にはメンバー全員が順番に自己紹介。こっ、これがあまちゃんでやってたアイドルの自己紹介なのか!!曲はたぶんほとんどが日本のAKBのものを中国語歌詞にしたものだと思います。知っている曲もいくつかありました。

日本のAKB48から移籍した宮澤佐江さんと鈴木まりやさんはこの日は出演していませんでした。もちろん劇場の壁面に飾られたメンバーひとりひとりの顔写真の中には二人の姿もありました。開演前にファンたちはいろんなメンバーが「彼女は東北人だ」とか「彼女は上海人だ」とか、それぞれどこの出身だというのを教えあって盛り上がっていました。MCの中でもお国なまりネタはあって、どこの国でもこういうのはウケるようです。

一人飛び抜けて存在感があったのが陳思というメンバー。近くでノリノリだったお兄さんが教えてくれたところによると、彼女のお父さんは武術の達人で、彼女もカンフーをするとか。愛称はヌンチャク??

誰も帰らない?まだ何かあるの?

ステージが終わってもまだほとんど誰も帰ろうとしない。かぶりつき最前列から客席にアンコールの指導。5分ほどアンコールされると再登場。ステージ衣装も新しいからお約束らしい。さらに3曲終わってからも、またなぜか誰も帰らない。立ち上がって中央の出入り口付近に。なんと通路にメンバーが並び、観客とハイタッチで見送り。最前列のVIPが終わると今度は一般席のお客さんにもハイタッチ!「よかったよ!」「応援してるよ!」とファンが一人一人に声をかけてました。この近さには正直驚きました。

劇場の一階に降りると、チケットについた投票券を支持する子の投票箱へ。当然我給陳思投了一票!
今回見たステージの中で、特にダンスに迫力があって私の気に入ったのはこの曲。生のステージは映像よりずっと迫力ありました。ちょっとゾクゾク来た。

http://www.youtube.com/watch?v=0nU6NDvgOlE

これからどこまで発展するか

実際のところ、まだ中国ではまだSNH48の知名度はあまりないみたい。上海のCDショップでも店員さんにCDあるか聞いてみたけれど、置いていないし名前も知られていませんでした。帰国してからYoutubeで検索してみると、アニメの紹介番組やバラエティーなどにメンバーを動員して知名度アップにがんばっている様子。

劇場に来ているファンたちはやはりアイドルに詳しいようで、本家AKB48を知っていて日本人の宮沢佐江さんと鈴木まりやさんは歓迎している様子。ただ、ここ数年日中両国の間で尖閣諸島問題などもあってか、日本と中国の大々的なタイアップみたいなことがやりにくい環境なのかもしれません。

中国の若者に指示されているチャイニーズポップスの多くは台湾の歌手が多く、女性アイドルで有名なグループというとS.H.Eを思い浮かべますが、調べてみるとやはり台湾のグループだそうです。大陸の、しかも上海を関したグループ。しかも固定のメンバーではなくTVへの出演、ステージへの出演するメンバーが日々かわるという形態は、昔のおニャン子クラブなどで日本人なら慣れていますが中国では珍しいはず。毎日公演して実際に目の前で「会いにいけるアイドル」がどれだけ知名度をあげていくか、これから楽しみです。

上海では雑技団を見に行くというのが観光の定番でしたが、中国語がわからなくても会場の雰囲気と耳慣れた曲で楽しめると思うので、いちど「参戦」してみてはどうでしょうか。

メンバーのキャラクター?
メンバーのキャラクター?

劇場サイドにはSNHカフェ
劇場サイドにはSNHカフェ

SNH48ステージ

公式サイト:http://www.snh48.com(中国語)、http://www.snh48.com/jp/(日本語)

チケット・グッズ購入:http://shop.snh48.com

おまけ、SNH48恋するフォーチュンクッキーダンス。

イグノーベル賞見てておもった。学術論文ってどうやって探す?

2013年イグノーベル賞、今年も日本人2チームが受賞したとか。

  • 科学賞「タマネギを切ると涙が出る理由」
  • 医学賞「オペラでマウスが延命」

とっても真面目な研究、真剣だから面白いってところがいいですね。

こういうってどこで調べるノーベル賞

ところで、こういう学術論文ってどこかに集められて検索できるようになっているのかな?と疑問におもったので、調べてみたら、様々なレポジトリがあって掲載されているようです。

ログインなしで、ブラウザから検索できるサイトをあつめた記事がありましたので、紹介します。

ブラウザからの論文検索

気になるキーワードで、学術論文を検索して、オリジナルノーベル賞をリストアップしてみるのも楽しそうです。