電電公社のCM集

懐かしいCMを集めた動画がありましたので紹介します。親子電話、プッシュフォン。そういうのあったなぁというの。

レポートで売上グラフなどダッシュボードをつくる。美容室向け顧客管理システム 開発日記14日目

ダッシュボード機能

Accessでの開発。顧客管理と顧客ごとの売上入力ができると、それをまとめたくなります。日別、月間の売上グラフ。担当者ごとの売上一覧。客数や客単価の分析。せっかくデータがあるのに使わないのはもったいない。

百聞は一見に如かず。できたのはこんな感じのダッシュボードです。(当たり前のように言ってますが、ダッシュボードってなんやねん?ってことですが、まあ情報を一目でわかるようなものってイメージもってます。)

こういうグラフが簡単にできるのがAccessの良いところですが、あまり使われているところをみかけませんね。ともかく、グラフを作るにはデータが必要ですから、その元をクエリで作ってやります。

このクエリの中身は以下のようになっています。

とてもシンプルです。凝っているのは抽出条件につかっているDateSerialでしょう。DateSerialはかっこの中に、年、月、日が並びます。Year、Month関数は年月日から年、月も数字だけを取り出す関数。

よく見るとYearの後ろで1を引いてます。日のところには1を直接入力しています。つまり、1年前のその月の1日を示しています。>=なので、昨年同月の1日以降を指定していることになります。

グラフをつくるにはレポートをつかう

グラフの追加についてはいまいちわかりにくい場所にあります。まずはレポートを新規作成します。リボンメニューの「作成」の中にある「空白のレポート:をつかえばOKです。

ここがポイント!レポートが開けたら、タブ部分を右クリックして「デザインビュー」で開きます。

クリックで拡大

「グラフの挿入」をクリックすると、挿入できるグラフの種類が現れるので、適当なグラフを選択します。どこに配置するか選べるようになりますので、画面の適当な場所においてやります。サイズもグラフの種類もあとでプロパティで修正できるので適当でよいです。

最初に表示されているグラフはダミーなので、右側に表示された「グラフの設定」でデータソースを選択します。データソースは先ほどクエリで用意した日付ごとの売上一覧です。「Dash_日別売上」という名前をつけていたので、選択してやります。

クリックで拡大

データソースを選択すると、軸の選択ができるようになります。

軸(項目)というのは横軸です。「売上日(月)」となっています。下にある軸(Y軸)が縦軸。こちらは「売上(合計)」にします。

つまり、これだけで1か月ごとの売上合計をグラフにできるわけです。感がよい方ならもうお分かりですね? 合計以外にも「カウント」や「平均」が選択できることを。つまり同じ手順、同じデータで売上だけでなく客数のグラフを作ることができました。

こんどはグラフの設定から「書式」を選んでやります。「データラベルを表示」にチェックをいれるだけで、月ごとの売上合計が表示されました。グラフの色もここから変更することができます。

グラフのタイトルなどは「プロパティシート」で編集します。「グラフのタイトル」という項目をかえてやると、グラフのタイトルが変化します。凡例は今回のグラフでは要素が1つで役にたたないので、「いいえ」に切り替えてやると、グラフが大きくなって見やすくなりました。

クエリの期間を変えれば様々な切り口で分析できる。

ところで、プロパティのデータを見ると、データソースにSQL文字列が入っているのがわかります。

SELECT Format([売上日], "yy 年 mmm"), Sum([売上]) AS [SumOf売上] FROM [Dash_日別売上] GROUP BY Format([売上日], "yy 年 mmm"), Year([売上日])12 + Month([売上日])-1 ORDER BY Year([売上日])12 + Month([売上日])-1

これならお尻にWHEREをつけてやれば期間の指定もできるかな?と思ったのですが、残念ながら読み込み専用ということで追記ができませんでした。

仕方がないので、参照するSQLを期間に合わせて別に作ってやることにします。方法は簡単で、最初につくったクエリの条件を変えてやるだけです。

期間の指定をするときには、以下をサンプルにつかうとよいでしょう。

前年同月の1日以降~現在まで

>=DateSerial(Year(Date())-1,Month(Date()),1)

前年同月の1日~月末

Between DateSerial(Year(Date())-1,Month(Date()),1) AND  DateAdd("m",-11,DateSerial(Year(Date()),Month(Date()),1))-1

本年1月1日~現在

>=DateSerial(Year(Date()),1,1)

当月1日~現在

>=DateSerial(Year(Date()),Month(Date()),1)

前月1日~前月末

Between DateAdd("m",-1,DateSerial(Year(Date()),Month(Date()),1)) And DateSerial(Year(Date()),Month(Date()),1)-1

前年1月1日~前年年末

Between DateSerial(Year(Date())-1,1,1) And DateSerial(Year(Date())-1,12,31)

DAOで指定したIDの項目を更新する。美容室向け顧客管理システム 開発日記4日目

Microsoft Accessでアプリを作成中。まだお客様の管理画面にとどまっていますが、だいぶ作りこみが進んできました。

ご予約と直来店のボタンを作りました。その名の通り、将来の日付を指定する場合と、お客様が予約なく直接来店した場合にすぐに登録できるボタンを分けてみました。

登録用のダイアログが開きます。予約日は手入力できますが、本日や現在時刻のボタンを押すとその数字も入ります。

メモ欄は空欄でも入力しても構いません。予約登録ボタンを押したときに、メモ欄が空欄だった場合は、「ご予約」という文字列が入るようにしました。もちろん後から書き換えられます。ここは環境設定画面で切り替えられるようにしておいてもいいかも。後で考えます。

登録すると画面下の来店履歴に加わります。最初の段階では「ご予約中」のステータスが表示されています。さっき入力したメモ欄はここでも直接編集できます。

美容院での担当っていう概念がいまいちわからなかったので、お客様のマスタに担当者はあるのですが、来店時にその人がいなかったらどうなるの?ってことも考えて、来店履歴ごとにも担当欄をつけています。このデータは「DAT_売上」のテーブルに書き込まれます。

さて、実際にお客様が来店したら、「明細」ボタンを押します。

最初の段階ではカテゴリが入力待ちになっています。実際に行ったメニューに切り替えていきます。

カテゴリを切り替えると、メニューも「MST_メニュー」のテーブルに従って表jいされます。そのテーブルに登録されている単価が自動反映します。複数のメニューを追加すると、売上合計も自動計算されます。

売上合計の部分は以下のようにコントロールソースにSUM関数を組み込むことで簡単に仕込むことができます。

最後に閉じるを押すと、ダイアログは閉じて来履歴一覧の金額欄に反映するべきだんだけれど、ここに苦労しました。「DAT_売上明細」テーブルではメニュー単品が売上IDと関連づいているので、表示だけSUM関数で都度計算させてもいいかな思っていたんだけれど、結局は「DAT_売上」テーブルに「売上合計」という列を作って、DAOのレコードセットをEDITを使って変更するという方法を使ってみました。

これで「ご予約中」のオレンジの表示が消えて、4000円という金額が表示されました。

ステータスを条件付き書式で色分け

色使いとか表示はもうちょっと工夫がいるかもだけれど、同じ予約中でも条件によって色分けさせました。

当日なら日付が緑になって、かつオレンジ色の「ご予約中」表示。未来日ならご予約中は茶色。過去日で結局お客様来店しなかった場合はブルー。

フォームで「書式」のリボンを選択すると、「条件付き書式」というボタンが表示されます。条件によって色を変えたいセルを選択した状態で押します。

日付が当日より大きい値で、かつステータスが「予約中」か、など柔軟に設定できます。ノーショー(現れなかった)場合は背景をグレーにするなどもっとばっさりわかるようにしてもよいかもですね。

ノーショーが多い要注意客をさがせる?

ノーショーは「DAT_売上明細」を登録しなかったものなので、カテゴリが「入力待ち(ID999)」のものをクエリで絞り込めそうです。そういう切り口で分析するのもアリかもしれませんね。

CapsLockキーをCtrlキーにする方法

Win10でキーの入れ替えアプリとか、いろいろあるようだけれど、レジストリに一部キーを追加して再起動するだけで解決したので、自分のメモとして。

方法は、こちらのNOPというサイトで知ることができました。

http://www.shin-tan.com/swapKey#CtrlCapsLockCtrl

自分の場合は、CTRLキーを残しつつ、ちょうど小指の位置、Aの左隣にあるCaplLockキーをCTRLキーに追加割り当てしました。

方法は非常に簡単で、以下をコピーしてつくった新規のテキストファイルの拡張子を.regに変更してクリック。レジストリに反映させたら再起動するだけでした。

レジストリをいじることになるので、誤ると起動できないという最悪の事態もあるので、一応自己責任でってことになります。

戻し方も含めてNOPさんに詳しく解説があるのでどうぞ。抜群に快適になりました。

Ubuntuが令和対応しているか確かめる方法。

ターミナルで簡単に確かめることができます。

date +’%Ec’

と打ち込んでみましょう。

ん?? 平成31年5月1日。18系はアップデートしても変わりませんでした。そこで19.04へアップグレードした結果がこちら。

バッチリ令和になってました。

ちなみにこの方法はTera Termのパパ。ゆたかさんのツイートで知りました。


感謝です。

不動産を賃貸してる人の確定申告。毎年忘れるのでメモメモ。租税公課ってなんやねん?

個人的なメモです。下記のポイントだけ押さえておけば、来年こそパパッと済ませられるでしょう。これからの人は参考にしてください。

  • 租税公課とは貸している自分の土地と建物について納めている税金の合計。

  • 減価償却費は毎年同じ。その金額を前年の残高から引き算。

  • 貸家用の火災共済は証明書は添付不要。金額は損害保険料に入れる。

  • 管理費は右側の科目に追加。

  • 賃借期間は年度の1/1-12/31。

100均で見つけた段ボールVRを作って試してみた。

前から気にはなっていたVR。本格的なのは高価だけど、2000円位で手に入りそうなので、しばらく前に物色していました。
ただ、ちょっと試してみたい程度の気持ちだと1500円の壁が立ちはだかる。ファミレスご飯食べられるし。その満腹感を物欲が超えるかどうか、未知のものには財布が硬くなります。

こういうのです。

 

 

作ることもできるが、100均にセットが売ってるらしい

本日の昼休み。何の気なしに見ていたブログで気になる話題。100円均一ショップで、VRのビューアーが購入できるというのです。

http://clala.blog.jp/archives/1066282219.html

これは気になります。

早速会社帰りに寄って見たお店でありました!
まさにこれじゃ!

中学生の息子くんに組み立ててもらいました。

部品はこんな感じ。
出来上がり。

さて、早速YoutubeでVR動画を検索してためしてみました。んが、いまいち立体に見えない。

いろいろ試行錯誤した結果どうやらレンズと画面までの距離が非常に重要らしい。左右の画像がピッタリ重ならないと立体には見えません。

スマホ接地部分を開いて手で距離を調整すると、うぉーー!立体。100円のレンズでもかなり綺麗に奥行き再現されました。

結論 いいやつ買いたくなった。

どんなものだかちょっと試してみたいというニーズには良いかもしれません。何しろ100円です。しかし、立体の感覚を少しでも味わえただけに、もう少し本格的なものが欲しくなりました。

アドバイスとしては、「前後にレンズを調整できるものにしておけ!」コレだけ伝えて本日はお開きとさせていただきます。

Airbnbが熊本地震の被災者向けに緊急宿泊場所提供を呼びかけ

  
民泊でよく話題になるAirbnbが、熊本県で発生した大地震の被災むけに自室を無料で提供できる協力者を募っている。

罹災して困っている被災者と、無償の貸し手とをつなぐプラットフォームとして、彼らほど適任者はいない。震災発生の翌日に公開するスピードの速さに脱帽です。正直言ってこの発想は出てこなかった。自分たちに何ができるか、それを考えられる頭の柔らかさに感心しました。

本当に、いまこの瞬間に困っている人がいます。何かできないかと思っている人も大勢いるでしょう。互いがつながり困難を乗り切れる。

民泊は問題視されることも多いけれど、こんな時こそ協力しあえるとよいと思います。

今年も年賀状アプリMac&Winで使えます。

毎年この時期になると、以前に紹介したゆうびん年賀状の記事の閲覧数が爆アゲしてます。

2015年末もMacでちゃんと使えました。宛名の印刷ができる無料のアプリは貴重なので、是非活用を。

ちなみに、郵便年賀のアプリがうまく動かないという人は、AdobeAirがうまくインストールできていないのかも。アプリを動かすための環境アプリだと考えると良いです。