iPhone6からiPhone7に機種変した感想を書いていくよ。

iPhone6から7に乗り換えて、一週間ほどたつので、感想をツラツラと書いていく。機種変考えてる人は参考にしてくれ。

iphone7

外観の違いはカメラの位置くらい

iPhone6と7を比較して外観のサイズは全く同じ。iFaceというわりとメジャーなケースを使ってるのだが、7はぴったりハマった。寸分の違いなし。しかし唯一カメラの位置が違い、レンズ半分にケースが被ってしまう。つまりケース買い替えは多くの場合必要。

 

毎日使うから気になる10g差

手のひらに持って、わずかに感じる重み。以前より重くなってる気がしたので調べたら、iPhone6は128g。iPhone7は138gと10グラムの重い。これは片手で認識できる重み。実際ちょっとだけ疲れる。

 

TouchIDの反応が随分よくなった

比較のため、しばらく前からiPhone6を初期化してiOS10で使用していた。6もクリーンにするとそこそこスムース。

iPhone7で感じたのはTouchIDの認識の速さ。「一般」「アクセサビリティ」の中にホームボタンを押さなくても開ける設定がありこれが便利。

img_0029

この「指を当てて開く」の前振りになってるのが、iPhone7を持ち上げることで認識して画面表示がONになる機能。

ボタンに軽く触れるだけでTouch IDでロック解除されるのは気持ちいい。iPhone7は物理ボタンをやめて批判があるが、この設定はユーザー負担軽くするのでオススメだ。

img_0013

 

一瞬買ったことを後悔するホームの非物理ボタン化

iPhone7のホームボタンは正確にはボタンでなく、くぼみだ。センサーがタッチを感知し、クリックしたような振動を内部のバイブレーションで伝え錯覚させる。これは最近のマックのタッチパッドが採用した方式を連想させる。一番想像しやすく表現するならば、無限プチプチだ。

ホームボタンは指の腹だけでなく、指の先の方で意外と反応するが、試しに爪だけで押してみたら反応しなかった。

iPhone7が届いた当初、iPhone6とのルックスの差がないことも手伝って、この後におよんで買い換えるのやめようかと頭をよぎったくらいだ。ただ、1週間使ってみて正直慣れた。

 

img_0014

 

img_0012

 

感動体験がiPhoneの機種変の楽しみだったのに

 僕の場合、初代iPodtouchを購入し、3Gs、4S、6と乗り継いだが、買い換えるたびに新鮮な感動があった。明らかな能力の向上と、これ以上ないと思えるようなルックスの変化を楽しめたものだ。でも、正直言ってiPhone6から6sをパスして7に移ったがその感動は無かった。

よく言えばiPhoneは熟成したのだろう。先日アップデートしたiOSも1ヶ月ほど前からベータ版を使っていたが、特に通知機能や全体の操作性は向上している。けれど今回ハードを変えたのに感動は薄い。アップルは体験を売ってきた企業だと思う。そういう点から見ると厳しい評価になりそう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

iface iPhone7 アイフォン7 正規品 ifaceFirstClass ケース
価格:2808円(税込、送料無料) (2016/10/3時点)

 

カメラに驚くとは思っていなかった

iPhone7になってよいと思った点もいくつかある。一つはカメラで撮影した画像の綺麗さ。逆光写真もかなり綺麗に自動補正してくれたのには驚いた。

撮影前後のコンマ数秒のムービーが記録されるLIVE機能もおもしろい。スクエアで撮ること多いので、そっちでも使えるもっと良かったが。

あと操作している時の細かなバイブレーションはよい。「システム触覚」を取り入れたのは素晴らしい。

iPhone7は電池のもちもかなり良くなった。1日使っていて電池残量を気にする必要がないくらい。とてもストレスフリー。

当たり前だがこれまでiPhoneを使っていて、機種変しても操作に全く違いがないという利点は大きい。パワフルさはモタつきを無くすために使われる。そう割り切るととてもよい。

FeliCaの搭載は世界のロックを開ける次への布石

ところで、日本だけの機能として話題をさらったFeliCaの搭載だが、個人的にはこれは次のiOS11への布石だと思ってる。確かにFeliCaが使えるのは日本だけだが、日本でも決済以外の使い方は実用されている。それがドアロック解除などの認証機能だ。
iPhone7のFeliCaチップはソフトウェア的には日本での使用しかできないが、ハード的にはFeliCaの機能を持ったチップが海外で手に入るiPhone7にも内蔵されているという。
いまは電子マネーとしてしか注目されていないが、会社のセキュリティキーや社員証がわりに使うことが、次のOS更新でソフトウェア的に実装されてサプライズとしてドアの鍵として使える機能追加が、世界向けとしても用意されているのでないだろうか。決済比べて読み取り装置は簡単に設置できる。
日本でもEdyが始まった当初に当時勤めていた会社からタイムカード用の社員カードとして配られた記憶がある。そういえば今の会社の会場もICOCAが使える。
今のところインストールしたアプリにも新機種特有の不具合は出ていない。こういうハズレがないこともiPhoneの強み。画面のガラスもかなり傷に強いらしいので大事に2年使っていこうと思う。
ここはどんな感じ?ってiPhone7に関する問いかけあれば、コメントへどうぞ。購入の参考にしていただければうれしいです。

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください