LAMY Safari ローラーボールペンL318のインクがかすれるので、ジェットストリーム替芯で改造した。


LAMY SAFARI

ファンも多いらしいドイツのLAMY社が製造しているSAFARIシリーズのボールペンです。グリップの形と太さがとてもよくて、文具店で一目惚れして購入した逸品です。

しかし、おしむらくは、多くのファンが共通して訴えるある問題。そう、インクの出が悪くてすぐにかすれるのです。それってボールペンとして致命的では・・・。

先人たちはその逆境を乗り越えるため知恵をしぼり、三菱UNIジェットストリームボールペンの替芯がまさしくピッタリ利用できることを見つけ出したのです。

LAMYサファリの中身を日本製に交換する改造リンク集

さっそく購入した替芯だが間違って多色多機能用をかってしまった・・・

そこで、早速アマゾンでジェットストリームの替芯を注文してとどいてみてびっくり。間違えたのです。ジェットストリームには多色型のペンというのもあって、これ用の替芯は長さが短いのです。注文の際はくれぐれも気をつけてください。

がっくり、再度注文する元気はありませんでした。そこで、職場に向かう道すがら、コンビニに立ち寄ると普通にジェットストリームボールペン売ってました。ガワわ使わないんだけど、まあよいかと購入。結局これは正解でした。

なぜなら、ノック式の普通のジェットストリームの芯でも若干長さが足りない。そこで、どうするか?

LAMY SAFARIこうするのです。ノック式にはバネが入っています。このバネを軸の中に先にいれて、その上から芯を差し込みます。

こうすることで、圧縮されたバネによって適度に芯は押し出されます。

日本のお家芸、ミクロン単位の精密技術でつくられたジェットストリームのなめらかな書き味はすばらしい。しかも、ボールペンなのに油性です。使い勝手は水性ボールペンとかわりませんが、ビニールやナイロンの上にも文字が書けてしまいます。

 

LAMY SAFARI

IMG_4158_20140716_104450

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください