Nexus7にRuby on Rails入れるまでの顛末 Ruby導入編

いよいよNexus7に入ったArch Linuxのpacmanを利用してRubyをインストールします。
パッケージマネージャのpacmanの日本語での解説はこちらが詳しいです。

ここまでの内容は以下のとおり

解説によると、

「特定のパッケージのインストール
ひとつ、あるいは複数の(依存を含む)パッケージをインストールするときは:
# pacman -S パッケージ名1 パッケージ名2 …

とあるので、素直に

# pacman -S ruby

としてみます。

Targets(2): libyaml-0.1.4-2 ruby-1.9.3_p392-1
Total Download Size: 2.90 MiB
Total Installed Size: 18.09 MiB
Proceed with installation? [Y/n]

と出て来ました。インストールしていいかたずねてきているので、「y」と入力。いよいよインストールが始まりました。
インストーラが途中にファイルシステムの情報を取得できないというようなメッセージを何行か吐き出していますが、とりあえず最後まで処理が進みました。

最後に

# ruby -v

でインストールできたかどうか確認します。

ruby 1.9.3p392(2013-02-22 revision 39386) [armv5tel-linux-eabi]

と表示されました。無事にインストールができたようです。

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください