到着したフレームとクランクだが

到着しました。念願のかるーいフレーム。そしてやや不満のあったシマノ105の古いクランクに代わり、やって来たアルテグラのクランク。

これまで使って来た部品を流用すればいい感じに組めるはず・・・という思いもつかの間。重大な問題が発覚しました。

ご自慢のハンドルの径とフレームについてきたステムのクランプ径がどう見てもあいません!!

見れば分かりそうなものですが、クランプ径にも色々種類があるのです。

というわけで調べたこと。

ハンドルとそれを固定するクランプの径は当然合っていないと危なっかしい(という以前に固定できない)わけですが、主に3種類があるようです。

  1. JIS、ISOタイプ  このタイプの径は基本25.4mm。一番細くていわゆるねじ込み式のステムにはこれが入るようです。2本あるうちのハンドルはどちらもこのタイプ。
  2. イタリアン  JISよりも少し太くなって26.0mmになります。よく分からないけれどイタリアンっていうからカンパニョーロはこのサイズなのかしら?(間違ってたらごめんなさい)
  3. オーバーサイズ  今回ダディーのタイプはこれ。31.8mmです。ハンドルで固定部だけ妙に太い感じのハンドルがあれば、それがオーバーサイズ。

ちなみにオーバーサイズはインチになおすと1と1/4というサイズ。このサイズは見たことあります。以前にステムを物色していたときに、クロモリのフレームに合うサイズは1インチコラム(コラムっていうのはつまり支えている棒の部分ね)だと分かったけれど、どのフォークもカーボンだとオーバーサイズって表記されていて、これが同じく1と1/4。

よく見ると、ここにあるステムはコラムを支えている側もハンドルを支える側も同じような径です。おんなじだったんですね。

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください