PowerAutomateで一度使った変数をクリアしたい

2022/06/05

変数をクリアしようとしたとき、あれ?どうだっけ? と迷ったらどうぞ。メモとして。

文字列変数

文字列はnull関数を設定してやることでクリアできます。

配列をクリアする

配列は空っぽの配列を設定して上書きしてやります。ちょっと見えにくいですが括弧[]を値に設定しています。

整数をクリアする

整数をクリアということは、一般的には0を設定すればよいでしょう。

ブール変数をクリアする

初期値がどちらかにもよりますが、規定値に戻してやればよいでしょう。

オブジェクトをクリアする

波括弧で上書きしてしまえばよいでしょう。

スコープにまとめておくと忘れにくい

ループの際に一時的な変数のクリアを忘れないように、先にスコープでクリアするものをまとめておくとよいと思います。

スコープについてはこちらとか、こちらの記事をどうぞ

他にもちょっとしたPowerAutomateの小技を集めて書き溜めていますのでこちらからご覧ください。