MicroSDHC買ってきた。RaspberryPi2にOSインストールする。その1

SDカード

SDカードを買ってきました。RaspberryPi2はMicroSDカードなので、Pi1の大きなサイズのSDカードはそのまま使えません。購入したのは、SanDiskの32GB UHS-1 48MB/sの転送サイズです。Windows10に備えて、少し容量が大き目で、スピードが速いものを選びました。2600円くらいでした。あとで見たら、アマゾンでバルク品を買ったほうがだいぶ安かったです。しまった・・・。

OSインストールキットのNOOBSを入手する

スクリーンショット 2015-04-14 21.16.29

まずは、OSをダウンロードしてきます。公式サイトのダウンロードページから、DownloadZipをクリックします。もちろん無料です。RaspberryPiにはいろいろな種類のOSをインストールできますが、このNOOBSは、それらを含んでいて、簡単に選択してインストールできるソフトです。LITE版とふた種類ありますが、どこが違うのかよく分からないので、とりあえず標準版をダウンロードしました。

SDカードフォーマッターを入手する

スクリーンショット 2015-04-14 21.21.52

ふつうはSDカードを購入したらそのまま使えますが、OSをインストールして起動を可能にするには、OSの通常のフォーマットではなぜかダメで、フォーマッターをつかってフォーマットする必要があるようです。

フォーマッターはSD Card Associationから無料でダウンロードできます。MAC版とWindows版があります。

スクリーンショット 2015-04-14 21.22.21

ダウンロードページでライセンスについての同意が求められます。ACCEPTを押すとダウンロードが始まります。

スクリーンショット 2015-04-14 21.24.24

解答して起動するとこんな画面です。SDカードを入れるとカード名を設定できるようになります。今回はBOOTと名付けてみました。

解答したNOOBSの中身をSDカードにコピー

スクリーンショット 2015-04-14 21.47.47

先ほどダウンロードしたNOOBSはZIPファイルです。解答した中身を全て選択し、SDカードにコピーして準備完了です。

あとは、SDカードを取り出して、RaspberryPi2に差し込み、OSのインストールを始めます。

続きはまた明日。

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください