iPhoneの二つのメールアドレス

iPhoneをついに購入しました。メールの設定に戸惑う人は多いみたいです。

それはおそらくソフトバンクのドメイン名がついたアドレスが二つあることも大きな原因でしょう。

ひとつはMMSというメールにつかう「hogehoge@softbank.ne.jp

もうひとつが、メールアプリにつかう「hogehoge@i.softbank.jp」です。

hogehogeの部分は最初ランダムな文字が入っていて、そこを自分で好きな名前をつけるわけですが、二つのアドレスは別物なのでそれぞれに名前をつけなくてはいけません。

また、設定を変更するためのパスワードは契約の際に紙で渡されるものと、MMSメールでとどくものの二つ。

これも別なんです。

じゃあMMSって何か?マルチメディアメッセージングサービスと読みます。

アプリにはSMS/MMSと表記されてます。もともとはメールアドレスではなく、電話番号を入力することで文字が送れるショートメッセージがSMSで、それにアドレスが加わって送信できる文字数も増え、インターネットのメールとして利用できるようになったのがMMSのようです。

iPhoneで利用するにあたって、特徴的なのが送受信している相手ごとにチャットのようなバブル表示される専用アプリケーションです。こちらで使えるのがsoftbank.ne.jpのドメインです。

短いメッセージでやりとりをするにはとってもいい仕組みだとおもいます。話の流れがわかりやすい。携帯やiPhoneでもそんなに長文を打つわけではないですから、テンポ良くやりとりが出来そうですね。

一方、i.softbank.jp はSMTPやPOPのアドレスも与えられていて、メールアプリにそれらを設定して利用します。もちろんPCのメールソフトにこれらを入力して使うこともできます。

使い分けに悩んでしまいます。auは解約してしまったし、一体どちらのアドレスを携帯メールとしてお知らせするべきだろう?

メールアプリのほうはパケット無制限なのでいくら使っても問題はないでしょうが、SMS/MMSのほうは料金が気になります。おそらくSoftBankの人へ送るなら大丈夫だけど、それ以外の人に送るたびに料金がかかったのでは少額とはいえ気になって自由に使えません。

そこでソフトバンクの該当ページを調べてみると

http://mb.softbank.jp/mb/iphone/service/mail/sms_mms.html

SMSは

国内送信料 ホワイトプラン(i)、ゴールドプラン(i) 無料
オレンジプラン(i)、シンプルオレンジ(i) 3.15円(税込)/通
ブループラン(i)、ブループラン・バリュー(i) 5.25円(税込)/通
受信料 無料(国内・国外を問わず無料)

MMSは

国内送信料 パケット定額フルに含まれます

こんな感じ。

ホワイトプラン パケット定額ならば料金はかからないようですね。

SMS/MMSのソフトのおもしろさがあるので、softbank.ne.jpで携帯を変えた通知を送ろうと思います。

i.softbank.jpのほうはいろいろ手続きとか何かサービスの登録などに使うことにします。

ご参考まで

iPhone book

You Might Also Like

One Reply to “iPhoneの二つのメールアドレス”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください