Airbnbが熊本地震の被災者向けに緊急宿泊場所提供を呼びかけ

  
民泊でよく話題になるAirbnbが、熊本県で発生した大地震の被災むけに自室を無料で提供できる協力者を募っている。

罹災して困っている被災者と、無償の貸し手とをつなぐプラットフォームとして、彼らほど適任者はいない。震災発生の翌日に公開するスピードの速さに脱帽です。正直言ってこの発想は出てこなかった。自分たちに何ができるか、それを考えられる頭の柔らかさに感心しました。

本当に、いまこの瞬間に困っている人がいます。何かできないかと思っている人も大勢いるでしょう。互いがつながり困難を乗り切れる。

民泊は問題視されることも多いけれど、こんな時こそ協力しあえるとよいと思います。

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください