飛行機で有料の子供禁止ゾーン。AirAsiaのクワイエットゾーン。

2013/05/18

AirAsiaクワイエットゾーン

「静かで快適なくつろぎの機内空間をお望みのお客さまのために」
というニーズにこたえて、エアアジアが2013年2月からクワイエットゾーンというのを導入したそうです。

「12歳以下のお子様連れのお客様にはご利用いただけません」
というのがポイント。つまり子供禁止ゾーンなんですね。

ロケットニュースさんでこの記事を見ておもうところがあったので取り上げてみました。

さて、この記事をとりあげたツイートやコメントには賛否あるようです。
で、自分がおもうには、「ニーズがあってそれを提供する」というのはサービスとして当然の姿で、こういうサービスが登場したのは良いことだと思います。

子供は飛行機に乗るなというのか!ってそんなわけはなくて、子供禁止でない快適なゾーンに行けばよいわけで。

子供でいっぱいのゾーンは?

むしろ、ウェルカムキッズゾーンというのも同じようにつくってみてはどうかと思います。
うちも小学生と乳幼児がいるので、旅となると自動車か、鳴き始めたら席を移れる新幹線。まわりにご迷惑がかかる手前、飛行機はどうしても選択肢から外れます。

そういう状況なので、周りが子供連れイッパイの賑やかフライトが可能ならちょっとくらい追加料金を払っても構わないと思うくらいです。

クワイエットゾーンもウェルカムゾーンも、ニーズがあるなら有料というスタイルは当然生まれるわけで。
あとはそれを無料で提供しようという航空会社が現れるかどうかは競争原理。
「子供禁止けしからん!」となっては、話が進みません。

「機内食有料なんて、LCCけしからん!」
と吠えてもしかたないみたいに。

 

AirAsia