Googleドライブ、気になる利用規約?

早速Googleドライブを試してみて、これはなかなか使い勝手がよさそうだということがわかりました。

ところで、すでに話題になっているのですが、現在のGoogle利用規約。その中に気になる文章が含まれています。

最終更新日:2012年3月1日のバージョンです。

最近Googleの各種サービスの規約が統一されたことは度々話題にでていましたが、これはその中の一つ。Googleドライブに限ったものではないのですが、意味深にうけとってしまいます。

ユーザーのアップロードによってGoogleに対してそのコンテンツの使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成、送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布お行うための全世界的なライセンスを付与することになるとあります。

また、ユーザーが利用を停止しても有効というもの。利用の目的がプロモーションや開発などに限定されているとはいえ、つまりはアップロードしたものについてGoogle社で内容をのぞくことを許しているともとれます。

利用規約の内容についてNAVERまとめ

個人的にはこのGoogleドライブは個人情報ものを避けて、音楽制作のデータのバックアップに使おうと思っているので、まあのぞかれても支障ないしいいか、という程度。しかし世界最大のGoogleが一部有料で公開したサービスなだけに規約については異論続出してくることは十分予測できます。

実際にGoogleに聞いた人がいた

実際にGoogleにこの規約について問い合わせた人がいました。
>>海外速報部ログ
物騒な感じのする規約でしたが、安心してよいようです。

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください