テーブルを設計する。美容室向け顧客管理システム 開発日記1日目

データベースを設計

MS Accessでアプリを作り始めました。簡単にデータベースを使ったアプリが作れるのが魅力です。

顧客や担当者、メニューとそのカテゴリー、売り上げとその詳細って感じでざざっと作りました。テキストでラフ書いたのをAccessのテーブルにしていきます。

テーブルはMST(マスター:顧客の情報や選択項目を設定しておく部分)、DAT(どんどん追加されていく売上情報系)と、それらを多対多で結びつけるためのTBLって感じで名前を付けました。

お客様情報詳細画面の設計

フォームで作ります。ほかのお客様とのお友達関係なんかも表示できるように、中間テーブル(TBL_お客様関係)をはさんでクエリで表示させてます。これは作りながら思いついた部分。

1日目の進捗

Accessにはふりがなを自動でつけてくれる機能があるので、呼び方の初期値にそれをいれて、別のニックネームがあれば変えられるようにしました。初日はとりあえずこの画面をざっくり作った感じ。

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください