武庫川河川敷でチーズフォンデュ

あまりに近すぎて見落としがちですが、休日に武庫川河川敷でバーベキューなんていかがでしょう?

でも、準備も大変だし、荷物も多いし、そもそも河川敷で炭で火を起こしてBBQするのは禁止です。

というわけで、カセットコンロとジンギスカン鍋を抱えてピクニックにやってきました。

荷物があるときに活躍するのが、我が家のワゴンです。チャイルドトレーラーというらしいですが、こどもなら2人一緒に乗れて、たためばコンパクト。後部にもけっこう荷物がはいるので重宝します。

レジャーシートをしいて、木陰でゆったり。

頑張って押してくれます

IMG_1501

後ろに荷物を

ついたら早速コンロを出して、焼きます。やきたてソーセージおいしい!

カセットコンロでバーベキュー??チーズフォンデュ

なんかの裏ワザサイトみたいなので見つけてきたバーベキューの技。カットされていないカマンベールチーズをアルミホイルでおつくったお皿にいれて、そのまま鉄板の上に。すると、中がぐつぐつと柔らかくなります。頃合いをみて蓋をはずし、ちぎったフランスパンをつけて食べればデリーシャス!

IMG_1503

サングラスとらないで

さあ、たらふく食ったし帰ろう・・・。

と片付けをしていたらはじめて気が付きました。

レジャーシートがカセットコンロの熱で穴が開いちゃった!?

下にベニヤ板一枚引いておかないとだめですね。

穴が開いちゃった ごきげんです たためばコンパクト

トレーラーはたためばコンパクトになります。タイヤ類を取り外し、中に入れて専用のケースに収納します。

武庫川河川敷

国道2号線武庫川大橋付近

 

 

蓬川温泉みずきの湯

蓬川温泉みずきの湯

小学校の運動会でつかれた体を癒やしに、ひなたとふたりで行ってきました。

ちょいリッチ系スーパー銭湯でした。

この場所でリッチ感はチャレンジだ

この近所でライバル温泉は、気軽な庶民系ではJR尼崎駅ちかくの「極楽湯」、尼崎市役所ちかくの「やまとの湯尼崎店」、おなじく西宮市の「やまとの湯今津店」です。

蓬川温泉みずきの湯は2013年にセンタープール前でながらく空き地になっていた市営住宅あとにできた施設です。

どちらかというと、鳴尾の「熊野の郷」や「宝塚カラカラテルメ」に近い、ちょいリッチな施設という感想でした。

この記事を書いていて初めて知ったのですが、宝塚チボリカラカラテルメは2009年6月末で閉館していたのですね! 思い出深い施設だったので非常に残念です

広い駐車場は施設利用者は3時間まで無料。中で飲食すると(自販機などのぞく)5時間まで無料をつけてくれました。目の前がセンタープールなので、大きな駐車場があるだけだと無断駐車され放題なのは目に見えているので、有料なのは仕方なし。

お風呂は文句なし!リッチな気分。

施設は1階にレストラン、2階が温泉という構成。男湯ののれんをくぐり、浴場へ入るとなかなか満足行く施設です。半身浴でテレビを楽しめるスペースはGood。

シャンプーやボディーシャンプーもちょっと高級そうなボトルに入ってます。極楽湯はリーズナブルな反面アメニティーグッズがないので持参するのがちょっと面倒なのでここは助かります。

お風呂からあがったスペースにはビールやおつまみ、ソフトクリームを提供するお店あり。お風呂屋さんの楽しみなので、これがあるのはよいですね。

リラックスシートで漫画堪能

今回は子供連れなので利用しませんでしたが、一人がけのゆったりシートの休憩室あり。HPには休憩室としか書いていないけれど、これは売りの一つになるとおもうのでもうちょっととりあげて良いと思う。宝塚チボリの小型版です。

食事スペースでちょっととまどう

オシイとおもうのがロビーから入って右手の食事スペース。
ヴィッフェスタイルの「四里四方」と、お食事処「はなみずき」という2つのレストランに分かれています。

正直なところ、初めてこちらに来たひとは戸惑うと思う。ディナータイムのヴィッフェ大人1700円、子供1200円はちょっとプレッシャーを与える価格です。

いっぽう、リーズナブルな筈のもう一方のお食事処の入り口にあるサンプルはなんとか御膳。1800円とか・・・。

振り返って「八汗房」という岩盤浴スペースへのゲート。その向こうにチラリと見えるドリンクコーナー。あそこへ入るには800円必要らしい・・・。すでに700円はらってるし・・・。

なんだかすごい出費になってきそうな予感を感じさせてしまうのです。

もっと大衆食堂っぽくていい

一番の原因はお食事処「はなみずき」が、中途半端にリッチな雰囲気の外観であること。入りにくいのです。実際には「膳」とネーミングされた定食は800円〜1000円。お子様ランチも600円台でした。写真は妙にショボかったのに、実物はけっこうボリュームあり(なぜかHPのには未掲載)。

うどん、丼は600円程度からなのだけれど、1800円の御膳なんておもてに掲げていたら、ねえ。入りにくいでしょう? それだけ出せるなら、木曽路に行くって!(尼崎市民のちょいリッチ系レストラン)

個人的には、ザめしやとか、丸亀製麺のようなセルフ感がわかるような店舗にするとか、出入り自由なスペースで注文できる(実際には着席した場所にあるタッチパネルでリストバンドを使って注文するのでお会計がないから、出入り自由なはずだが、いかにもレストラン風だと躊躇する。)ようなお気軽感をつくってはどうだろう?

ヴィッフェの外からチョコレートタワーが見える。子供連れのお母さんが「チョコレートあるからヴィッフェにしよう!」と言われて、「見るだけだからね!入ったらだめよ!」と叫んでいるのが切ない。

気配りはきいてる

子供が遊べるスペースがあってディズニー・アニメを流していてよろしい。こういう気配りは効いている。迷路風のお風呂やブルーの入浴剤も子供に好評。かき氷やソフトクリームも美味しい。欲を言うなら「極楽湯」のあげパンアイスのような名物があるともっとイイ。

トータルな感想

9:00〜深夜2:00の営業時間はうれしい。仕事帰りにつかれた体を癒やしに行くにはとってもよいとおもう。岩盤浴はこのあたりでは「熊野の郷」があって、昔の同僚が大阪から鳴尾へ通うくらいだから、駅近でファンにとっての選択肢が増えたことは強みになると思う。

ちょっとマイナスな感想を多く書いてしまったのだけれど、気になるのは食事スペースについてだけで、これは時間が立つに連れてどんどん改善されてくるだろうと思う。その他は素晴らしいです。

湯エンターテイメントを自称するとおり、大きな団扇を持って従業員のお兄さんお姉さんたちがスチームパフォーマンスなんかしているようです。

ただ、こどもつれて頻繁にくるには、やっぱりちょっと高くつく。例えるならばガストとロイヤルホストの差。自分へのご褒美的な施設といえるかも。

蓬川温泉 みずきの湯

阪神電鉄本線「尼崎センタープール前」駅から徒歩すぐ
〒660-0081 尼崎市蓬川町295番地3


大きな地図で見る

末広中央公園

宝塚市役所のすぐ目の前。いきなりどーーんと広がる美しい芝生。こどもたちがのびのびと走り回れる原っぱの雰囲気です。

20060622_42906

 

実はこの公園、またの名を防災公園。案内によればなんとシェルターを備えているとか。 2004年4月に旧三和グラウンド跡につくられました。

いざとなれば頼りになる広いスペースですが、普段はのんびり。近所のみならずわざわざ車で来る人たちも多い様子。

ちょうど僕らが訪れた時にも、数人のママと子供たちが乗り合いでやってきていました。そんな時にも安心を。なんと1時間無料の駐車場完備。駐車場が満車の際には宝塚市役所の駐車場も利用可能という太っ腹です。

 

20060622_4290820060622_42909

また、見逃せないのが充実した遊具と夏には最高の遊び場になる噴水。噴水は直接地面から吹き出てくるので小さな子供たちにも安心。思いっきりぬれる覚悟で遊びに来るといいかも。

20060622_42914

末広中央公園

地図へリンク

「阪急今津線」逆瀬川駅より、阪急バスで約5分。
市役所前下車。又は、徒歩で20分。
「中国自動車道」宝塚I.Cより、車で約10分。
駐車場あり

20060622_42943

写真をクリックしてね。

元浜緑地公園

尼崎の元浜緑地公園へ行ってきました。こんなところに!って感じの自然が町中に突然出現。ダイナミックな木製アスレチックが盛りだくさんです。

昔は工業の町としてちょっと悪いイメージがあったかもしれないけれど、今は子供にも優しい町。とってもいい施設がありますよ。

楽しい遊具がいっぱい。
極めつけは、子供たちがのびのびと水遊びができる子供池。
ちょっとしたプール顔負けの噴水や水大砲などいろいろ。しかも無料です。

施設の駐車場は400円。すぐ近くにはタイムスの駐車場も。
こちらは平日なら1時間100円なので、お徳かも。土日は30分100円なので屋根のついている施設の方へどうぞ。

元浜緑地公園の紹介HPへリンク

利用できる日時
5月1日?8月31日
9:00?17:00