第60回西宮市民コーラス大会

第60回西宮市民コーラス大会

5月15日(日)、第60回市民コーラス大会が開催されました。
昨年・一昨年とコロナのために中止だったので、3年ぶりの開催です。
写真でもわかるように、前の5列は使用不可能にし、他は、往復はがきで申し込んだ人だけが入場できるという感染対策も万全の中での開催です。

今年は27団体が出場しました。
しかし、例年は50団体弱の出場でしたから、コロナがどんなに深く傷つけたことか。
しかも、練習場所が確保できないので練習できなかったり・・・で参加団体だけでなく各団の団員がずいぶん減っていました。

女声コーラスこぶしは、嬉しいことに、1名の退団者も出さずに2月に30周年コンサートをした勢いで、今回は36名の出場ができました。
コンサートで演奏した「夢をあきらめないで」「ねえねえおじいさん」「かあさんおねがいよ」の
3曲を歌いました。

大きな舞台で、お客様に聴いていただけることがどんなに励みになっているかを実感しました。

やっとやっと開催できた30周年コンサート

2月27日(日)
こぶしの30周年コンサートアが無事開演できました。
コロナ禍での練習不足。 団員や家族からの感染。
マスクを着けての練習・・・・
当日までひやひやのし通しでした。
1名が血圧が高いので不参加でしたが、当日は39名が舞台に乗れました。
これは、1部の衣装です。

「I BERIEVE IN MUSIC」
「糸」「夢をあきらめないで」「このみち」
「7つのフランスの子供の歌」(7曲)

第3部は、白の衣装。
「コーラスかあさん」「童神」「想像力」「まちんと」
「私が一番きれいだった時」「風よふるさとよ」「こぶしの花」
こぶしのモットー「愛と平和と豊かな人生を」を体現する曲をならべました。

玄関には、団員の手作りの看板でお出迎え。
当日は、いつもより暖かくなって、みなさん笑顔でお越しくださいました。

こぶしの団旗もお出迎えしました。

学校施設なので、定員の半数を目途にチケットを売りました。
コロナの心配もありながらも、皆さん喜んでお越し下さいました。

「コンサートを開いてもらえてうれしかった!」
「久しぶりに芸術にふれて涙が出ました!」・・・・・・
お客さんの嬉しい声が聞けました。

団員からも、「コロナ禍でのコンサート、延期になってモチベーションを持ち続け感動的に終わりました。」
「マスク着けっぱなしで大変でしたが、素敵なコンサートになりました。」