第57回市民コーラス大会


いよいよ今年度のコーラスシーズンの開始。まずは恒例の「市民コーラス大会」。

どんな小さなコーラスグループでも、西宮市合唱連盟に加盟すれば、1200名収容の市民会館・アミティホールに出場し、練習成果を聞いてもらうことができます。

こんな文化行事を大切にする西宮が好きです。

もう57回目なんですよ。
さて、女声コーラスこぶしも、今までの練習曲「嫁ぐ娘への子もりうた」をこんな大きな舞台で初めて披露することができました。

しかし、ソプラノのトップ(一番高い声を出すパート)の2人が風邪をひき、咳と熱でダウン。

メゾのパートリーダーが体調不良で欠席・・・・・・

みんなの不安は、計り知れないものだったでしょうが、何とかそれなりに歌えたように思います。

でも29名も参加したんですよ。

44団体が参加し、Tazurinnさんの友達のリリーさんも見ましたよ。
次は6月10日、いたみホールで、関西合唱連盟主催の「キューピーお母さんコーラス大会」があります。
これには、金子みすゞの「つゆ」、和合亮一・新実徳英の「陸の英霊の声」を歌います。

市民コーラスは6分、お母さんコーラスは8分なので、どうしても2曲が必要です。

当日まではあと3回の練習しかないので気合いが入ります。
そして7月16日には、兵庫のうたごえ合唱発表会。
これには「嫁ぐ娘」。

その他に、こぶしを2分して「フィスト・ラブ」「フィスト・ピース」を作り、それぞれ2曲づつ歌います。

ここで11月の全国大会へのチケットを獲得しなければなりません。
私たちは、もう行く気十分で、今はホテル探しをしていますが・・・・・
 

演奏依頼&ミニコンサート


通常、コーラスシーズンは5月の西宮市民コーラス大会から始りますが、今年は、婦人民主クラブから3月4日の「創立70周年のつどい」のオープニングに歌ってほしいと依頼がありました。

場所は、甲東ホールという、とてもステキなホールでした。
「はっか草」「嫁ぐ娘への子もりうた」「一本の鉛筆」「風よふるさとよ」を歌い最後に会場の皆さんと「青い空は」を歌いました。

「嫁ぐ娘への子もりうた」「一本の鉛筆」は、昨年12月から練習を始めたばかりなのでとても緊張しました。

そこで、せっかく練習したのだからと、翌5日(日)、いつもの練習場所、高木公民館で「ありがとうミニコンサート」をしました。
来年6月のコンサート(2年に1回)に向けての準備のために、前年にはミニコンサートをしています。

同じ曲だったので気持ちも楽に歌えました。
また、お客様も約100名に来ていただき、皆さんの反応も嬉しかったです。
約30分の演奏後は、会場の皆さんと歌いかわしました。
皆さん、とても楽しそうに歌ってくださっていたので良かったな~と思いました。

女声コーラスこぶし 第25回総会

こぶし総会
今日5日、午前中は練習で午後からは総会をしました。
昼食は、団費からおいしい寿司を取り寄せテンションもあがりました。

37名の団員のなか、体調不良・仕事・葬儀関係の行事などで9名が欠席しましたが28名の参加で、昨年の総括をし、今年の方針を決めました。

今年もたくさんの演奏依頼があり、みんながやる気十分で頼もしい限りです。
当面は3月4日(土) pm2:00~ 30分間、甲東ホールで、「はっか草」「嫁ぐ娘へのこもりうた」「一本の鉛筆」「風よふるさとよ」等の曲を歌います。

3月5日(日)は、定例の高木公民館の練習日なので、同様の曲を、みなさんに聞いていただけたらいいなと、am10:30~12:00に「ありがとうミニコンサート」を開催します。
後半部分は、うたごえ喫茶のように、みんなと歌いかわしたいです。

 
いつもサポーターとして支えてくださっている皆さんに、ほんのお礼の気持ちですから
ぜひともお越しくださいね!

皆さんに聞いていただくためにしっかりとしあげないといけないので、指揮者・山本 収氏の厳しい指導が続いています。
後3回の練習で仕上げないといけません。頑張ります!

今年最後のうたごえ喫茶


今年さいごのコーラスの行事、うたごえ喫茶。
今津公民館で行いました。
こんなにたくさんのお客様に来ていただけました。
団員を含めて85名くらいです。

2時間の中で、25~6曲を歌いましたが、時間切れで歌えない曲もありました。
みなさん、本当に楽しそうに大きな声で歌ってくださり満足していただけたようです。

私たちも、初の団内指揮者のもと「いのちひからせて」「かけがえのない人生を」の
2曲を歌いました。
さくらんぼ合唱団の人もたくさん参加してくださり盛り上げてくれました。
お客様だけでなく私たちも大満足。

今度は、3月5日(日)、高木公民館で10:30~12:00
山本先生の指揮・上岸先生のピアノで、今まで練習してきた曲を20分くらい披露した後に、「みんなで歌おう」をします。
ぜひ聴きに、歌いにお越しください。

日本のうたごえ祭典inえひめ

img_0164
恒例の全国大会が今年は愛媛でありました。
女声コーラスこぶしも、女性の部に「はっかそう」の曲で参加すべく神戸~松山の高速バスにのり約5時間の旅をしました。

会場の「ひめぎんホール」はとても立派なホールでした。
11日は女性の部の合唱コンクール。
私たちは、今までの最高人数の34名がステージに立つことができ、練習成果を十分に
発揮できたと思いましたが・・・・・結果は銅賞。(全体で7位)
ちょっとショックでしたが、審査員の講評を見てから、不足分をしっかり練習したいです。
右下は、翌日(12日)の祭典のステージ。
全国からたくさんの合唱団が集まり、たくさんのステージがあり圧巻でした。

img_0165

ぼっちゃん団子、じゃこ天・・・・・えひめの名物もたくさん食べました。

img_0166

祭典後に
団で計画したオプショナルツアーに18名で出発。
JRで八幡浜へ行き、新鮮な海鮮料理を堪能し、1泊。
翌日はチャーターしたバスで佐多岬半島のメロディーラインドライブ。
途中に風力発電と伊方原発を見ました。

佐多岬の途中までしか行きませんでしたが・・・・こんな所で原発が爆発したら・・・・・
そかも海際の水位の低い所に建っているから津波にあったら・・・・・
佐多岬方面の人たちは絶対に逃げられません。
なんとか停止→廃止にしなくては、と思いました。

最後は、今でも歌舞伎が上演される「内子座」の見学と、街並みの散策をしましたが
今まで見てきた中でも、素晴らしい街並みでした。
変に古い街並みを作るのではなく、今までの物が大切にされ、落ち着きます。

これで今年のステージは終了。
あとは、12月11日(日)のうたごえ喫茶です。
今津公民館でpm2~4開催します。
できたらお越しくださいね!

2016・兵庫のうたごえ祭典inにしのみや

img_0075
昨16日、西宮市民会館アミティホールで上記の祭典がありました。出来るだけ沢山のお客様に来ていただけるよう、チケット料も1500円にしました。

キャパ1200名を満杯にするために、地元のこぶし・さくらんぼの団員が獅子奮迅!

当日は、なんとなんと超満員。

2F席も一杯でした。

img_0076-1
オープニングは和太鼓の演奏。

続いては、子どもたちによる元気ステージ。

その後は、「青年・保育士のステージ」・「働く者のステージ」・「シニアのステージ」

「みんなで歌いましょう」・「女性合同のステージ」・「全県合同のステージ」

最後は「カンタータ“希望”」

この写真は、「カンタータ」。

私は、最上段の右から3番目。(本当は、もっと右にも人はいたんですよ)

全県合同では、約180名が舞台にあがり、「群青」・「大地讃頌」を。

「カンタータ”希望”」では140名とソリスト4名の舞台でした。

とくに、この2ステージは、練習量を積んできただけあって十分に練習成果を

発揮することができ、お客様も私たちも大満足でした。

温かいアンケートもたくさんいただき、次への力をいただきました。

miokoさん・さくらさん・yukieさんたち・浜ちゃん・Tazurinさん・・・・

来ていただきありがとうございました。
次回は、12月11日(日)pm2~今津公民館でのうたごえ喫茶です!

2016全国シルバー合唱コンクール

201609全国シルバー合唱コンクール

神戸文化ホール(大ホール)でシルバー合唱コンクールがありました。
全国各地から35団体、1200名が集いました。

女声コーラスこぶしは、昨年は、思いもよらぬ銀賞をいただいたので、今年は、「母のように」「空とぶうさぎ」で、あつかましくも金賞を目指して参加しました。
歌い終わった時には、練習成果が発揮できたことと、なによりも指揮者が思わず拍手してくれたので、充実感でいっぱいでした。

2016093023480073c

しかし、結果は「審査員特別賞」。
金賞・銀賞・銅賞にはかすりもしませんでした・・・・・
残念!

しかし、そんなに実力もないのに、金・銀・銅をもらったらそれで満足してしまうので、審査員の先生にいただいた課題を克服し、来年にはまた「銀くらいかな?」に挑戦したいと思います。

賞に絡めない合唱団も多い中、「審査員特別賞」をいただけたことはとても嬉しいです。

大忙しのコーラスシーズン

2016うたごえポスター

201608合同練習

コーラスで超忙しいこの頃です。
8月には5日、7月には6日、6月には5日・・・と月に1日以上の練習がありました。
・・・・と言うのは、「兵庫のうたごえ祭典inにしのみや」を、女声コーラスこぶしと、西宮さくらんぼ合唱団が中心になって取り組んでいるからです。

やるからには、音楽的にも質の高い祭典にしようと昨年の12月から実行委員会で話しあってきました。
その、メインステージになるのが、これ!
カンタータ「希望」の140名のステージ。
西宮では超有名な音楽家・中西 覚氏が、作詞作曲されたものです。
東日本大震災と、それに続く原発事故に心を痛められ、(今、音楽家としての自分が出来ることは何か?)と思いを寄せられ、作詞・作曲されたもので、全9章からなり、4名のソリストと共に歌います。
西宮市合唱連盟の沢山の人たちも協力してくれています。

その他に、「和太鼓」「子どもたちの歌や踊り」「青年&保育士」「働く者」「シニア」「女性合同」「全県合同」などたくさんの楽しい元気がでるステージを用意しています。
ぜひ、聞きにお越しください!

これに並行し、9月30日(金)には、全国シルバー合唱発表会が神戸文化ホール・大ホールであります。
こぶしは、「ははのように」「空飛ぶうさぎ」で参加します。
一昨年は銅賞・昨年は銀賞をいただいたので・・・・・・
願わくば・・・・・・

11月11日(金)には、日本のうたごえ祭典inえひめが開催され、こぶしは女性の部に
「はっかそう」で参加します。
昨年は、銅賞(実質8位)だったので、今年は、なんとしてもそれ以上に行きたいです。

・・・・・ということで、沢山の曲を覚えなくてはなりません。
コーラスが落ちつくのは12月になりそうです。
まあ、忙しく忙しいとボヤイていることが健康の秘訣かな?  ぼけ防止かな?

さあ、愛媛へのチケットを手に入れました!

20160719兵庫のうたごえ

昨日は、兵庫のうたごえ合唱発表会が垂水のレバンテホールでありました。
昨年は、不覚にも「ゆずり葉」というグループに一位を奪われ、全国大会でも「ゆずり葉」が銀賞、「こぶし」は銅賞という結果に終わりました。

5月の市民コーラス大会で歌った「はっかそう」。
その後、山本先生の緻密な指導を受けたので・・・・・これで二位だったら・・・・????
不安がよぎりましたが、見事、ぶっちぎりの一位を獲得しました

4人の審査員全員に一位を付けてもらい、全員から9・0以上の得点をいただきました。
山本先生は、常々、「僕が審査員だったら、9・0を付けるのは勇気がいるよ!」と、8点台と9点の違いを言われていたので、本当に嬉しかったです。

それに、昨年負けた「ゆずり葉」の演奏が、とても良かったので、その後の演奏はプレッシャーがかかりましたが、(これだけ練習したんだから、後は山本先生の指揮にゆだねよう)と腹をくくりました。

結果、一位「こぶし」平均9・2    二位「ゆずり葉」8・85
三位「ソットボーチェ」8・7・・・このグループは、「さくらんぼ合唱団」の女性メンバーです。
こぶしは32名が舞台に立ったのですが、ソットボーチェも同じくらいの人数でした。

20160719兵庫のうたごえ

地力をつけるためのアンサンブル「フィスト・ラブ」は「未来へ」と「いのちひからせて」。
「フィスト・ピース」は、「ヒロシマのある国で」を歌いましたが、他団体の力量がアップしていたため・・・・賞にはからめませんでした。

「こぶし」の友好団体「さくらんぼ合唱団」も混声の部で二位を獲得。
一緒に愛媛へ行けることになりました。
また、審査員の講評の場で、「こぶし」「さくらんぼ」のピアニスト上岸先生が、「合唱に寄り添ったピアノ」だと褒められたのは嬉しい事です。
後の打ち上げで盛り上がったこと盛り上がったこと!

第56回市民コーラス大会

2016西宮市民コーラス大会

今日22日(日)、今年の勝負曲「はっかそう」を初披露する市民コーラス大会がありました。
いつもは、こんな舞台の写真は撮れないのですが、まだ歌い始めてない時に
さくらんぼ合唱団の天ちゃんが撮ってくれ、送ってくれました。

思ってもいない写真だったので嬉しくて、即、アップしました。
このグリーンのスカーフ、美しいでしょう?
でも、仕事やどうしても来れない用事、休団中などで舞台には27人しか乗れませんでした。

指揮者の思い入れの深い「はっかそう」。

露空にうかぶ うす緑の 小さな茂み その中から
煙るように小さな花が いくつも咲いた

「これは はっかそうの花」 幼い日 母は
その蕾を手折って 母は私に言った
「はっかそうのような人に なりなさい」と

顔を近づけると どの花でもない 清らかな香りがした
心が引き込まれる 不思議な香りだった

あれから幾十年 私はひたすら生きて
母は 母はもうとっくに この世を去った
「はっかそうのような人に なりなさい」

私はついに そのような人には なれなかったが
その声だけは 今も私の中で 気高く香っている

「これは はっかそうの花」幼い日 母は
その蕾を 手折って母は 私に言った
「はっかそうのような 人になりなさい」と

私は、貧乏であっても、いつも毅然としていた母を思い出しながら、この歌を
歌っています。
しかし、今日は、この曲の初舞台だったため、「歌詞をまちがえないかな~」
と、久しぶりにドキドキしました。

7月18日に兵庫のうたごえ合唱発表会があり、そこで1位か2位を取れたら
いよいよ11月には愛媛の全国大会。
これからもっと精度を上げていきます!

兵庫のうたごえ祭典inにしのみや

201605161509457b9

長い間、ブログを更新していなかったので、2人から「大丈夫?」「病気でもしてるの?」
というメールをいただいたので、本日更新!
・・・・と言うのも、超忙しかったのも事実ですが、コメントもなかったので・・・・ちょっと意気消沈していました。

この間、いろいろなこともありましたが、何といっても10月に開催される「兵庫のうたごえ祭典inにしのみや」
の取り組み。
中心団体になるのが、「西宮さくらんぼ合唱団」と「女声コーラスこぶし」。

各団からそれぞれ実行委員を出し、昨年12月から取り組んでいます。4月の4団体ジョイントコンサートとも重なり結構忙しかったです。

主なプログラムとして、「和太鼓」「子どもたちのステージ」「働く者のステージ」「シニアのステージ」
「女性合同」「青年・学生・保育のステージ」「全県合同」等を予定していますが、何といっても最大のステージは130名もの大人数で歌う「カンタータ希望」のステージです。

2016兵庫のうたごえ祭典

音楽界では、今、超有名な「なかにしあかね」氏のお父様・「中西 覚」氏の作詞・作曲で全9章(うち合唱は4曲)の大作で、ソリスト4名も歌います。
まるで第九のような大作ですよ!
東日本大震災と原発事故に思いを寄せられ、音楽家として今、何が出来るのかと考え、作曲されたと言います。

さくらんぼ合唱団とこぶしだけでは70余名にしかならないので、他団体に呼び掛け、練習時に訴えに行って130名ぐらいの大合唱が出来そうです。
15日(日)には、結団式と第1回の練習をしました。

その前には、記者会見を設定し、各新聞社に連絡していたのですが・・・・・・
残念!  みんな神戸まつりにでも行ったのか1社も来ませんでした。
でもでも・・・・・
111名の参加があり、感動するような練習になりました。

先生は82才。
でもすご~いダイナミックな指揮で、語り方も紳士で、自身の作なので、その想いをわかりやすく説明され、自身で歌ってもくれました。
みんないっぺんに先生のファンになってしまいました。

いよいよ月1回の練習が始まりますが、次回には130名ぐらいの人数にはなるはずです。
こんな経験は、これからもそう経験できるものではないので嬉しいです。

今度はうたごえで

201604ふれあい喫茶

今日24日は「ふれあい喫茶」で歌ってきました。
こぶしの団員が2人いるマンションの管理組合主催です。
2カ月に1回、集会室で開催していると言うことで、いいことをしているな~と感心しました。

201604ふれあい喫茶

実は、昔むかし勤務していた校区のマンションだったので、教え子のお母さんやお父さん、数名にも会い懐かしかったです。
昔の教え子も、子ども2名を連れてきていたので、
「え~、あの時の子どもが、今、同じくらいの年齢の子どもを連れてきた!」
と感無量でした。